はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なかなか止まらず

負の連鎖がいまだ止まらず。
ブルーフェイスが犠牲に。。
もう少しで1年だったのに。
鰓呼吸が早かったわけでもなく、体の艶も悪くなかったんですが、2週間ほど餌食いも悪く、あまり移動もせず調子悪そうでした。
原因はわからず。

次にココス。
あまり見かけることがなくなってきたため、どうしたと思ったら、岩陰にじっとしてあまり動かず。
鰓呼吸も早く嫌な感じ。
ただ、水流を止め餌の時間とわかると、餌場にきていたのですが、それにすらこなくなる。
餌切れはまずいので、フレークをあげるようにしたら、それは食べていたのですが、そのうちそれすらあまり食べなくなる。
そして、体中傷だらけに。
またマルチか。。

IMGP6493.jpg

もう限界が近いため、マルチ捕獲をトライするけど、3日かかっても捕獲できず。。。
方針転換してココス捕獲にトライすると網で簡単に捕獲。。。
大分弱っている様子。
隔離ケースに入れると、ちょっとしたら横たわってるし。。
遅かったかと後悔してたのですが、数時間後覗いてみると、フラフラしながら餌を食べてる。
タフなやつだ。
ただ、今だ鰓呼吸が早く、餌食いもチョボチョボ。

数日たって、傷は治ってきていますが、調子は悪そう。
やめとけばよいのに、淡水浴をしてしまい、完全に横たわる。。
やってしまったと後悔するも時遅し。。。



と思いきや、翌日、泳いでました@@
普通の魚なら何度も死んでるんだけど。。
ただ、鰓呼吸がすごく速いのは変わらず。
白点でもないのに、水換え方もしてみましたが、状況変わらず。
どうしたら良くなってくれるだろうか。。

そして、レンテンですが。。。
急に減圧症の症状が出だしました。
うまく浮くことが出来ず、胸鰭を必死に動かしているような感じ。
減圧症は何ヶ月もたって症状が発生することもあるようです。
鰓袋にダメージが出えいるのではないかと。。
実を言うと、今のレンテンは2匹目で、夏にお迎えしたレンテンも同じ状態で☆になりました。。
2匹続けてとは。。。
日に日に浮力がなくなり、えさもうまく食べれずやせていき、☆になりました。。
レンテンはリスク高すぎます。
どちらも、最初はまったく症状は出てませんでしたので。。

で、次に、、暴走して立ち上げた30cmキューブ水槽のシマヤッコ。
何とか餌を食べて順調かと思いきや、白点でもないのにやたらかゆがる。
ひれもボロボロ。
全く原因がわからなかったのですが、よく覗くと片目が白っぽい。
もしやと思い、淡水浴するとヒラムシがボロボロ。。。
これで大丈夫かな。
えさも良く食べてます。

IMGP6475.jpg
IMGP6481.jpg

ヒラムシってうつるのかな?
と、同じ30cm水槽の住人にも一応淡水浴しときました。
小さすぎるので1分ちょっとでやめました。

IMGP6488.jpg

大暴走、大暴走^^
  1. 2012/12/08(土) 00:13:14|
  2. 海水魚

ここのところあまり良くない

前回更新から結構☆になりました。

まずは魚水槽。
魚水槽は年に2回ほど白点が出るのですが、ほって置いてもたぶん直ると思うのですが、見た目が悪いのでいつも低比重治療をします。
一気に比重を1.008まで落とします。
いつもこれで綺麗になり事なきを得るのですが、今回タテキンが犠牲になってしまいました。。
低比重にして直ぐにタテキンに元気がなくなり、5日ほどえさを食べなかったのですが、餌を食べだした翌日に横たわってました。。
低比重治療が駄目な魚はいます。
ゴールデンバタフライは確実に低比重に耐えられません。
比重の高い海にいるからでしょうか?
今まで低比重に絶えられなかったのは、ゴールデンバタフライだけだったのですが。。
インド洋タテキンだから?
非常に元気だったので残念です。。

それから2週間ほどたって、ニジハギが餓死しました。
ショップでは乙姫を良く食べていたのですが、家では食べず。
食べるもとの言えばコケとクリルのみ。
だんだん痩せていきました。
ずっとビュンビュン泳いでますから食べないとね。。
うちに来て2ヶ月でした。

リーフタンクはまずスポッテッドマンダリンがいなくなりました。
もう直ぐ半年だったのですが。。
原因不明。
そしてアフリカンが1.5ヶ月で餓死しました。
これで2回目続けてです。。
食べてはいるのですが、いつも積極的には食べません。
頭までやせてきていたので、時間の問題と思ってましたが。。

そしてバヌアツとマーシャルのシマがいたのですが。。
まずはバヌアツシマ。
粒餌3種類、フレーク2種類、乾燥ブラインすべて駄目で、コペ、ハンバーグこれも駄目。
活ブラインまで駄目でした。
LBつついているだけ。
1ヶ月病気一つせず餓死しました。

マーシャルシマは直ぐに粒餌に餌付いていたのですが、1ヶ月ちょっとして急に調子が悪くなり、5日ほどで急に☆。
ほんとシマは難しいです。

残念だらけでした。

ちょっと大き目のレンテンを追加しました。

良いことといえばアズファーが4年を超え、ブラバンも2年を超えました。
ずっと長生きしてほしいですね。
それにしてもアズファーはほとんど大きくならん。
餌食いはすごいんですけど?
  1. 2012/11/24(土) 23:35:30|
  2. 海水魚

ココス

ココスは以前飼っていて、2年ほど家にいましたが、崩壊時に☆に。
ちょっとネジが飛んでいたタイミングで、たまたま安めのを見つけてしまい、再び我が家にやってきました。
ココスは丈夫で、餌食いもよく、綺麗でお値段以外はいうことないです。
袋から出して直ぐに餌食べてました。

家の水槽のケントロは、フレーム、マルチが君臨していて、仲がいいわけではないですが、うまくバランスが取れています。
ポッターを2度ほど入れたのですが、何度もボロボロにされ、長生きすることはありませんでした(犯人はマルチ)。。
ということで、ココスもかなり危険とわかっていましたが。。

ココスはタフなので大丈夫だろうと思う反面、まだ幼魚斑が残っている5cmサイズ。
虐め分散のため、ポッターズ、もしくはカリビアン、アフリカンの同時投入を狙っていましたが、ココスが我が家にやってきたタイミングで、どこのShopにも見当たらず。
しばらくケースで過ごしてもらうかと思ったのですが、ケースの中は水が澱んでしまうためか、3日ほどで体色が悪くなってきたため、仕方なく解放しました。

何かあったらすぐに対処するため、1時間ほど観察しましたが、すぐに3匹に一通り喧嘩を売り、自分のスペースを確保してました。
関係的にはマルチより上位で、フレームはココスのことは意に反さずといったところ、、だったのですが。。
解放から3週間ほどたったある日、仕事から帰ると何か様子がおかしい。
ココスが、虐められる魚の定位置の水槽隅っこの水面近くでじっとしている。
幼魚斑がほとんど分からなくなるほど、鰭がくし状に。。
様子を見ていると、マルチが狂ったように攻撃しています。。

マルチに対して、前日も餌を食べるよりマルチにちょっかい出すことに熱心だったのに?
水槽の端から端まで突進していくほどえげつない攻撃。
ケントロの虐めはえげつないです(スズメほどではありませんが)
ほかの魚だと青色吐息の所、隙を見つけてはコケをつついたりと、さすがココスと思わせますが、いくらタフとはいえ、やっぱり放置は危険。
網ですくってみようと思いましたが、網ですくえるほど弱っているわけでもなく、捕まえられそうな気がしない。
ということで、トラップを仕掛けました。
左右が開け閉めできる隔離ケースをココスの避難場所近くに浮かべ、隠れ家になる塩ビ継手を中に入れて、その中に餌をまき、ケース内に入ったらギロチン方式でふたを閉めるといった方法。
2時間粘って何とか捕まえました。

やっと落ち着いてくれると思いきや、ケース越しに激しく喧嘩。
めちゃめちゃやりあってます。
「こうなると、ある程度回復した後どすればいいのか悩ましいな」なんて考えていたのですが、翌日に脱走。
ケース越しにやりあっている際に、勢い余って出ちゃったんでしょう。。
またボロボロで定位置に。。

またやり直しです。。
虐めがあった場合は、基本的に虐めてるほうを捕まえなければなりません。
作戦を変更して、何とかマルチを捕まえることに。
作戦は同じギロチン捕獲。
弱っていたココスは飢えていたので、比較的簡単に捕まえることができましたが、マルチは警戒して全く入ろうとせず。
ケース内に餌をまきながら、じっと待機すること6時間。
やっとの思いで捕まえました。
脱走しないよに、サテライトに強制送還。
2週間はいてもらいます。

ココスが回復したらどうしたもんか。。

まだ傷の癒えてないココス
IMGP6429.jpg
IMGP6413.jpg
  1. 2012/10/27(土) 23:14:34|
  2. 海水魚(ヤッコ)

ゴールドフレーク

何年も前から、「ブラバンのお供に」と思い気になっており、何度もお持ち帰り寸前まで行ったのですが、縁がなく家に来ることがありませんでした。
なんとなくですが、大人しくて餌食いも悪く難しいといったイメージをもってました。

実際のところ、大人しいのは間違いないですが、餌食いはまったく問題なし。
性格は荒っぽいところもなく、おっとりしており上品な感じで、これはイメージどおり。
苔掃除で水槽に手を入れると、ゴールドフレークとホンソメが一目散に寄ってきて手をかじります。
と、以外にも警戒心は全く無く、人懐っこいです。

もう少し大き目が良かったのですが、家に来た時は8cm弱位でグリフィスより気持ち大きい程度だったのですが、今は抜かれました。
厚みも違うので随分と体格差があるように見えます。

実際泳がしてみると、味があって非常に良い魚です。
すごくお気に入りになりました。

水槽内では一番の虐められっこです。
デカブラバンやウズマキには頻繁に蹴散らされてます。
グリフィスとは好敵手で、よく威嚇しあってクルクル回ってます^^
一時期はストレスで食欲も落ち、水槽の端にいたこともあったのですが、今は普通にしています。
ある意味、びっくりするほどタフです。

一度、ブラバンに追いかけられ水面をジャンプしたところを見ました。
いつか飛び出しなんてことにならなければいいのですが。。

IMGP5628.jpg
IMGP5633.jpg
IMGP5635.jpg
IMGP5652.jpg
  1. 2012/10/13(土) 21:54:20|
  2. 海水魚(ヤッコ)

グリフィス

一般的に余り人気のある魚では無いようですが、シックな色合いで、非常に味のある魚です。
餌食いも非常に良くて協調性もあり、ストレスにも強くタフな魚で、非常に飼い易いです。

家に来たときは、2匹のブラバンとの関係もあるため、もう少し大き目が良かったのですが6cm程度でした。
虐めでボロボロになると思いきや、不思議と全く平気でした。
逆にサイズが違いすぎたのが良かったのか?
良く食べることもあり、どんどん成長して9cm位あります。
ゴールドフレークのほうが大きかったのですが、今や抜き去りました。
体もパツパツです。
大きくなりやすいみたいです。

餌をあげると、興奮してなのか、ほぼ100%の確立で糞を撒き散らします^^;
調子が悪くなることもなく元気いっぱいで何の心配もなしです。
ただ、顔の辺りの青みが薄れてしまい、大味になってきちゃいました。。

家に来たころ
IMGP5513.jpg

現在
IMGP5525.jpg
IMGP5638.jpg
  1. 2012/10/07(日) 10:03:26|
  2. 海水魚(ヤッコ)
前のページ 次のページ

プロフィール

f348s16

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。