はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬死にしないために

沢山死なせてしまった魚たちのために、そこから少しでも教訓を学ばなければなりません。
正直なところ、直接的な原因は全くと言っていいほど分かりません。
何か1つの原因ではなく、いくつかの原因が複合的に絡んでのことだったように思います。

でも、今考えている一番の原因は「水が合わなかったんじゃないか」ということです。
正直なところ「水が合わないって何?」
人間で言えば、急に高地にいって高山病にかかっちゃうようなものなのでしょうか?

専門家の意見を聞いてみたかったので、週末に昔から行っている馴染みのショップの社長に話を聞きました。
状況を話してみると「水が合わなかったんじゃないの?」と即答でした。

そこで「1匹2匹なら分かりますけど、ほぼ全滅ですよ?」と聞いてみたところ、店で随分長い間売れ残った魚を家に連れて帰ると、結構な確立で死んでしまうそうです。
お店の水槽は当然、水の全交換なんかしませんよね。
継ぎ足し継ぎ足しの水に慣れてしまった魚に、新しい水は結構なダメージを与えるそうです。

リーフタンクのスミレ、フレームは「水が合わなかった」というので、それなりに納得できます。
水槽に入れて2日以内に☆でしたから。
ニシキも直ぐではなかったですが、ダメージがあったのでしょう。
では、ほぼ全滅の魚水槽は?

魚水槽は旧リーフタンクをそのまま使いました。
濾材もです。
リーフタンクは最後の方、白点が出てまいましたから、水は完全に抜いた為、水は完全にフレッシュなものでした。
旧魚水槽の移動直前の状態はというと、正直かなり良くなかったんじゃないかと思います。

旧魚水槽で循環用に使っていたポンプを、新しい水槽で使うために取り上げ、容量の少ないポンプにつなぎ変えてました。
1週間ほどですけど。
という事で、水の循環量が非常に少ない状態で、たった1週間ですけどその間、水の状態はかなり悪くなったように思います。
元々ついていたポンプですら、全然足りてなかった状態でしたから。。。

水あわせは、それなりに慎重にやったつもりではありますが、水が激変したのに変わりは無いように思います。
「今度こそ綺麗な水で泳がせてあげるよ~」などと脳天気に思っていましたが、それが魚たちに激しいダメージを及ぼしていたかもしれません。
社長も言ってましたが「長いのから死んでしまったということは、可能性高いよ」と。。。

水槽の移動の直前は、メンテナンスを怠りがちです。
新規水槽の立ち上げ準備とかで、バタバタしてますから。。
それほど酷かったとは思いませんが、こんな惨劇も起こりえるのですね(これが原因だったらですけど)
次に水槽の移動が発生した時は、水合わせに数日かけてもいいかもしれませんね。
そんなに何度もあることではないですから。
面倒?たいした面倒ではないです。。

このことから、お店で長い間売れ残った魚を連れて帰った際、魚の状態は確かに凄くいいのかもしれませんが、逆に水あわせは物凄く慎重にしなくてはならないのかもしれません。
考えてみると、確かに思い当たる節が無くもないです。
「ずっと売れ残ってるから元気いいよ」と言われて連れて帰ったのに、あっという間に☆になった魚たちもいましたから。

ちなみに「状態のいい魚は水合わせなんかやらなくったって平気だよ」と言っていたのは、このショップの店員さんです(^^;)
社長ではないですけど(^^;)
入荷してそれほど経ってない魚だったらそうかもしれませんが、ショップの水槽の水に完全になれた魚はもしかしたらそうではないかもしれませんね。

正直、水あわせも今まではちょっと適当だったと反省してます。
ちょっとした注意を怠っちゃ駄目ですね。
一時的なちょっとした面倒ですから。
もしこの考察が的外れだったとしても、やって損はないです。

しかし、本当に海水の魚達は、物凄くデリケートでか弱い生き物なんだと改めて感じました。
「やっとうまく飼えるようになったよ。楽勝だね!」などと、馬鹿な考えは厳禁ですね。
ずっと長い間、何年も飼えてる人たちって、本当に凄いです。。

p.s.>
今日、チビシマ死にました。
またしても水換え法最後の日。
尾鰭の少し手前に、腫瘍のようなものができていて、少しずつ大きくなってきていたので心配してました。
光にすかしてみると黒くなっていました。
餌は良く食べるので、いつかは直ると思いつつ心配してましたが。。
次から次へと色々やってくれます。
なんか意味も無く、異常に怒りがこみ上げてきました(^^;)
もうなるようになれですね。
60cmのトリタンに移った面々が1ヶ月間生き抜けますように。
  1. 2008/10/14(火) 21:56:05|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

リーフタンクもリセット

結局、リーフタンクもリセットすることにしました。
以前、

先住民は常に薄っすらと白点。

死んでしまうということは無い

追加する魚は白点で死んでしまう

何かの拍子で一気に崩壊

ということを経験しました。
魚も少ないですし、このままでもどってことは無いです。
ただ、きっと新しい魚を入れたくなるでしょう。
随分と寂しくなったので。

数え切れない失敗の中、唯一成功した作戦があります。
それは全生体を取り出して、白点治療した後、トリタンで1ヶ月。
その間、水槽は空回しして、白点を駆除もしくは休眠状態にする。
早めにこの作戦を敢行することにしました。
やっぱり、いくら魚が死ななくても鰭にポツポツあるのは美しくないし、心が痛みます(^^)
魚の鰭は透き通って欲しいです(^^)

それにこの作戦の後押しをすることが。
できるだけ気をつけたはずなのですが、ライブロックが水槽面に近すぎて、苔掃除ができない箇所がありました。
苔を綺麗に掃除できないのはこれまた美しくない(^^)

それと、鬱憤が爆発して、本日サンゴ達が送られてきました(これは別でUPします ^^)
ということで、置き場所確保のためレイアウト変更が必要ということもありました。

魚達は現在、水換え法のため衣装ケースですごしてもらってますが、その後3週間~1ヶ月間、トリタンである60cm水槽で過ごしてもらうことになります。
ちゃんと乗り切って欲しいです。
元気が一杯で、魚水槽の面々とは違い捕まえるのに苦労するのが、何か安心できます(^^)

心配があるとすればやはりブラバンでしょうか?
やはり狭いのか、右往左往しまくって以上に落ち着きがありません。
かなりのストレスと思われます。。
ということで、衣装ケースを新聞で覆ったのですが、それにより少し落ち着きを取り戻しました。

水槽にはエビだけになりました。
ついでに水を大量に交換しました。
早く安心してみていられる水槽にしたいです。

284.jpg
  1. 2008/10/12(日) 21:50:44|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水飼え法終わりました

4日間の水飼え法を経て、木曜日の夜に、魚たちを水槽に戻しました。
水飼え法も架橋を向かえ「更なる犠牲者はでずに済んだ」と思っていたのですが、4日目の朝、ロリマキが☆になりました。。。
水飼え法最終日に。。
ずっと好調だっただけに残念です。。。
まさに急死です。
前日夜、せっせと餌を食べてましたから。。。
今までと同じ原因ではなく、いじりすぎによるものかもしれません。

我が家に来て4ヶ月。
何故か全く大きくならず「何でだろ?」という状況でしたが、成長するのを楽しみにしていただけに、残念です。。。
必ずやリベンジしたいです。

一番調子の悪かったアズファーは、バケツ生活初日「駄目かな?」と言った状態でした。
あのアデが頭突きしてましたから(-_-)
相手が弱っているって分かるんでしょうね(-_-)

今だ餌は食べません。
かれこれ2週間以上になるでしょうか。。
やっぱり口がおかしいように思います。
いつも口を開けっ放しです。
中に何か出来物ができて塞がっていると言うことは無いのですが、何となくおかしいような気がします。
何がどうおかしいか明確に分かっているわけではないですが。。

今までアズファーが調子が悪いときと言ったら、体を小さく見せる。
そして岩陰から出てこないといった行動パターンを取ってました。
ですが、今回は何故かずっと体を大きく見せていて、餌を撒けば出て来ます。
ただし、全く食べようとはしませんが。。。
体力が続く前までに直ってくれればいいのですが。。。
まだ痩せてきたような感じは見受けられませんが、時間との勝負かもしれません。

一か八かで、水槽に戻す前に約5分の淡水浴をしました。
何も変わりません(-_-)
好転してくれると良いですが。。

兎に角、何とかアズファーが持ち直してくれることを祈ってます。
そして、更なる犠牲者がでないことを。
と言っても、それほど魚は残っていませんが。。。

で、どさくさにまぎれて先週末より再度チビマクロススが我が家にやってきてます。
という事で、合流してます。
前の子よりは物怖じしないです(^^)
虐める魚が少ないせいかも知れませんが。。
今度こそは大きくしてあげたいな。。

ほんと、何も居なくなっちゃいました。。。
しかも飼育日数を見て「あれっホンソメ何処行った??」(-_-)
水飼え法を行っている際、見かけた記憶が無いです。。。
となると、どこかで干物になっているのでしょうか(-_-)
亡骸も見かけてませんので。。
こ奴も1年近く我が家にいたのですけどね~。。

アズファーさえ持ち直してくれれば、メインがアズファーとアデでマクロススの成長を待つ。
もうこれでいいかな?と。
出来ればウズマキを早いうちにメンバーに迎え入れたい気もしますが、もう小さ目はシーズンが終わっちゃったかな?
少し大きめだと、アデとガチンコ勝負なので、やっぱりチビがいいです。
何する気にもなりません。

兎に角、アズファーの様子を見るだけでしょうか?
もうやれることはやったので、静観するしかないですけど。
少しだけでも餌を食べてくれれば、見通しは立つのですが。。
ん~~~直ってくれないかな。。

ついでにリーフタンク。
皆元気でよく餌食べます。
しかし、日によってすごく白点が出る日があります。
どうも、魚が死んだ後の水質が悪化しているときに出ているような感じです。
もの前はスミレ、今回はホンソメ。
ベルリンが機能してないのかな?

様子を見ようと思ったのですが、やはり魚を取り出して空回する気になってきました。
かなり面倒で、リスクもはらむのですがこのままじゃ、ずっとこのままです。
少なくとも何か魚を新規導入したら、多分死にます。
  1. 2008/10/11(土) 08:26:04|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

負の連鎖止まらず

今朝、ゴールデンB/Fが岩に首を突っ込んだ状態で、☆になっていました。。。
そして、2日前ほど前から急に調子が悪くなっていたベルスも。。。
一体、何なんだ??

症状はある日突然、猛烈に鰓呼吸が速くなって、体の小さい魚は2日ほどで。
体の大きい魚は1週間弱くらいで死んでしまいます。
しかも、前日まで餌を食べまくっていたのに、急にその状態になります。

正直、全く何が起こっているかわかりません。
今調子が悪くない魚でも、何時同じ状況になるかわかりません。
ということで、今日慌ててリセットしました。

デスロックは水につけて、ブラシで掃除。
濾材は海水で洗いました。
そして、水は全て抜き、少しだけ真水で回して、人口海水投入。

ポンプを止め濾過槽に濾材を戻して、濾過槽だけで水を循環させながら水温を40度まで上げました。
白点は40度で死滅するらしいですので。

原因のほとんどは白点ではないと思います。
いままで白点には何度もなった連中で、多少の白点くらいはヘッチャラでしたから。
細菌系か何かでしょうか??
でも、殺菌灯は付けているし、寿命もまだ大分残っているはずなのですが。。。

アズファーは今だ調子が悪いですが、鰓呼吸は普通です。
一連の死因とは違う原因でしょう。
魚たちは4日ほど水換え法を行って、水槽に戻す予定です。
帰りが遅くなってもいいように、バケツ4個に海水は作っておきました。
もう終わりにしてくれ(-_-)
魚水槽に平和は戻るのか??
  1. 2008/10/05(日) 21:51:15|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

薄々は感づいてましたが。。

愚行発表の前に、、、愚行が本当の意味の愚行になるか勝負どころです。。
魚水槽は万年ですが、リーフタンク側もついに白点出ました(-_-)
リセット以来、ずっと平穏でしたがついに奴が帰ってきました(-_-)

3匹続けてポチャンした報いです。。
多分ですが、ポチャン1匹目のブラバンが持ち込んだと思います。

我が家に来た当時、ブラバンはたまに首を振る仕草をしてました。
ただ、どっかに擦り付けるような様子はありませんでした。
しかし、ブラバンを入れて数日後、鰭が薄っすら濁っている魚達を見かけることようになりました。
ただ、他の魚たちに変わった様子も無く、ブラバンはドンドン調子を上げていきました。

それに、鰭のポチポチは白点にしては少し小さいし、濁りも少ない。
「白点ではなく寄生虫か何かかな??」とも思っていました(思いたかった ^^;)

そこに2匹目のポチャン、チビシマ。
そのチビシマ、1日2日「調子が悪い?」という時期がありました。
餌付く前に。
この時点でも「やっぱり白点なのかな~??」という感じでした。
鰭が少々濁っている程度でしたし、体を擦り付ける魚もいませんでした。
実際に調子を上げてきて、見事に餌を食べたわけです。

で、3匹目(先日連れてきたMr X)のポチャン。
ショップの水槽では元気に泳いでましたが、昨日より体調不良で餌食い落ちました。
間違いなく白点ですね。。。
胸鰭や目に見事なポツポツありますし。。。
水槽の隅でジッとしてます。。。
他の面子も、それなりに鰭についてますが、おかまいなしで元気一杯ですが。。。

ちなみにニシキが調子悪いのは白点のせいでしょうか??
今だ復調していません。
たまにユラ~と出てきますが、目に精気が感じられません。。。
調子を落として2週間超えます。
いい加減まずいです。。。

ブラバン、チビシマどちらも乗り越えた道なので、何とか乗り越えて欲しいです。
あえて治療はしません、、、と思ったのですが、ビビッて魚水槽(比重1.010)にかごを浮かべて移動しました。。。(-_-)
☆になったら、本当に愚行ですから。。。。
  1. 2008/09/10(水) 22:25:22|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
前のページ 次のページ

プロフィール

f348s16

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。