はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銅治療開始

魚水槽の白点撲滅のため、水槽内を超低比重にし空回しをしていました。
ただ、ほとんどの魚たちはその低比重に耐えられず調子を崩しました。
平気だったのは3匹いるゴールデンのうちの1匹のみ。
他のアズファー、オレンジフェイスも共に体調を崩しました。

という事で、水槽内は超低比重を保ちつつ、魚たちは衣装ケースの中で水換え法で対処しようかと。
最初はちゃんと水換えができ、見た目にも白点は追い出せたように見えました。
魚たちの体調もオレンジフェイスの餌食い以外は順調に回復していきました。
ですが、、、仕事が忙しくどんどん帰りが遅くなるにしたがって、水換えが2日おき3日おきになってしまい、また白点大爆発です・・・。
すまん・・・。

正直、帰りが遅いのがまだ続きそうなことから、水飼え法による白点治療は事実上不可能。
ということで、日曜日に水槽に戻しましたが、日に日に状態が悪化しているような・・・。
餌を食べないゴールデン1匹は待ったなしの状態になってしまいました・・・。
残りのゴールデン2匹は今だ餌爆食いなので、今のところ大丈夫そう。
アズファーはというと、元気があまり無く、一応食べてますが餌食いはあまり良くありません。

家の魚水槽は基本的に紅海産ばかり。
やはり低比重にはあまり強くないようです。
ということは、今後も低比重による白点治療は難しいということになります。
など、もろもろを考えて銅治療を行うことに決めました。
何か難しいイメージが付きまといますので、ずっと躊躇していましたが、今後のこともありますのでTryすることにしました。

一応、家には随分前に買った、銅イオンと銅テスターがありました。
昨日も夜遅かったのですが、少しでも早くせねばと深夜に決行。
ただ、多少の下調べもしなくてはなりません。

まずは銅に対しての対抗力。
ちょっと調べると、ヤッコ類はあまり強くないようです・・・。
チョウチョウのほうはというと、弱い種類もいるようですがゴールデンは大丈夫そうです。
アズファーがいますので、まずは多少薄めでいってみようかと。

次に硫酸銅の濃度。
調べてみると0.6ppm~0.8ppm位とのこと。
家にあった銅イオンの説明書を見ると、1袋(5g)を50リットルの飼育水に溶くと0.8ppmの溶液が出来るらしい。
家の水槽は90cmの規格水槽です。
水位を測って水量を計算してみると、大体140リットル。
結構大きなブロックが入っていますのでそれを差し引く必要がありますが、外部フィルターが3つに上部フィルターが付いていますので相殺されるかと。
という事で、まずは2袋分を大目の5リッターくらいの海水に溶いて点適法でたらしました。
銅ショックがあったらまずいので、起きていようとも思いましたがそれは無理な相談(笑)
「薄めだし大丈夫だろう」と思い、寝てしまいました。

今朝起きてビクビクしながら薄暗い水槽を見てみると、4匹ともちゃんと泳いでいて一安心。
あまり銅濃度が薄いと、白点虫に銅に対する耐力が出来てしまいまずいそうなので、テスターで濃度を測って見ると、0.2???
0.2って何だ??
そもそも単位は何だ??
なんだか良く分からず??
ただテスターの説明書には「0.3になるように」と書いてあります。
銅イオン:0.8=銅テスター:0.3なんでしょうか??

そうだったとすると150リッターに対して、3袋のところ2袋しか入れてないわけですから大体あってるのかな?
となると、もう1袋入れられるということになりますが、全部は少し多すぎかもしれませんので、2リッターくらいの海水に1袋を溶き、半分くらいが入るように設定して出勤しました。

追加で添加してみたものの、一抹の不安が。。
という事でちょっと調べてみましたが、0.6ppm~0.8ppmと書いてあるところもあるのですが、0.3ppmを目安にしているところもあり、どちらが正しいのかいまいち分かりません。
0.6ppm~0.8ppmというのを銅イオンに書いている単位。
0.3ppmというのが銅テスターに書いてある単位と見れば問題ないといえば問題ないのですが??

で、もう少し調べてみると、ppmにも重量ppmとイオン濃度ppmとがあるらしい。
重量濃度 : 1ppm = イオン濃度 : 0.25ppmだそうです。
しかし、それにしても計算が合わないです(笑)
少なくともテスターを信じるしかないですね。

で、今日珍しく早く帰れたので水槽を恐る恐る見てみると、皆元気!・・・。
1匹足りない・・・・。
水槽のそこを見てみると沢山の鱗が散乱しています・・・。
岩陰に変わり果てたゴールデンが(-_-)
かなり酷かったから手遅れだったんですね・・・。

銅によるショックとかではないと思います。
なぜならほかは元気一杯です。
アズファーも妙に元気です。
普通、一時的に調子が悪くなったりするもんなのではないの?
元気な分には何も問題ありません。
残りのメンバーは絶対に回復させて見ます!
って、ちょっと調子が悪いのはアズファーだけなんですが。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/22(火) 21:36:47|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<さよならポッターズ(涙) | ホーム | 弱り目に祟り目(-_-)>>

コメント

いよいよ銅治療に踏み切られましたね!
魚水槽だからこそ出来る手段ですし、今度こそ白点収束してくれる事を願います!
私の認識では、銅の濃度は0.3ppmなんですけど....紛らわしですね(^^;
  1. 2008/01/23(水) 06:53:10 |
  2. URL |
  3. トミー #-
  4. [ 編集]

銅治療って、微妙なさじ加減とかやってみないと分かりませんよね…。

私は一度もこの治療を行ったことありませんが、昔からある治療法ですし、
なんとか残りのメンバーが回復してくれるといいですね。
  1. 2008/01/23(水) 10:37:16 |
  2. URL |
  3. ヤマチュウ #-
  4. [ 編集]

トミーさん>
こんにちは!
私の使っている同意音の説明には「50リットルの海水に1袋を溶くと0.8の溶液が出来る」と書いてあります。
重量とイオン濃度の違いなんでしょうね。
0.8と0.3って。

ヤマチュウさん>
こんにちは!
手遅れと思っていた子は案の定でしたが、他のメンバーは今のところ悪くないんじゃないかと思っています。
この調子で一掃したいです!!
  1. 2008/01/23(水) 12:27:05 |
  2. URL |
  3. f348s16 #-
  4. [ 編集]

銅治療って加減が難しいんですよね。自分みたいな大雑把な人間には絶対に出来ない治療法です。
と言いつつ、勉強させて頂きま~す。(メモメモ)
  1. 2008/01/23(水) 15:45:27 |
  2. URL |
  3. YAMATO #-
  4. [ 編集]

YAMATOさん>

これが意外と順調にいってたりします!
なかなか濃度があがらないのですが、多すぎて魚を殺してしまうよりはいいかと(笑)

でも着実にいい方向に進んでします。
  1. 2008/01/23(水) 22:22:08 |
  2. URL |
  3. f348s16 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://f348s16.blog112.fc2.com/tb.php/88-f6385d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

f348s16

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。