はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魚達が帰ってきました!

今回の水槽空回し作戦は、兎に角大変でした(-_-)
前回のときは魚達が全て小さかったため、意外に楽に1ヶ月を乗り切ったのですが、今回のように大きめの魚がいる場合は大変です。
それを見越して、90cmタンクを引っ張り出してきましたが、やはり水質の悪化は急激だったようです。

バケツにより水飼え法にて白点を追っ払って、90cmトリタンで順調に療養?していたように見えたのですが、2週間ほど経過したとき、また薄っすらと鰭が濁っている魚を発見(-_-)
ここで放置しても仕方がないので、再度の水飼え法。。。
90cmという大きいトリタンで、小さいとはいえ外部フィルターを接続し、毎日15リッター程度の水換えを行っていたのですが、水質の悪化は避けられなかったようです。
もしくは外部フィルターに白点がいたか。

水飼え法施行の間、90cmタンクは綺麗に洗い、外部フィルターもバクテリアはパーになりますが、綺麗に洗いました。
デトリタスが猛烈でしたので、これは正解だったかも。
皆さんがバケツにいる間、バクテリアを入れて回しておりました。

しかし、バケツにいた4日間で、十分にバクテリアが育つわけも無く、外部フィルターは気休め程度。
魚が戻ってきてからは、30リッターの水換えを毎日行ってしのぎました(休みの日は少し多めで)

本水槽復帰プロセスの最終段階では、毎日本水槽の水を30リッタートリタンにいれ、1週間かけて本水槽の水に慣らすつもりでした。
丸4週間経ったら行う予定だったのですが、事情があり3週間ちょっと経った時点からはじめました。
実質の空回し期間は3週間ということになりました。。
この辺の事情は後ほど。
そして4週間と1日経った今日、魚を戻しました!

予定より少し作戦を早めてしまいましたが、多分問題ないでしょう。
4週間というものは「シストから幼虫が放出されるのが最長28日」という情報によるものなんですけど、一番活性化するのは6±2日だそうなので、多分大丈夫でしょう。
実際、35日という情報も見たことがありますので、あまり気にしても仕方がないです(^^;)

今回の作戦で白点は一掃出来たか?
そんな事は、全く思ってません。
正直なところ、もっと長期間空回ししたからって、完全に白点がいなくなるなんて思ってません。
問題は、水槽がちゃんと機能しているかと、魚の状態だと思ってます。
という事で言えば、ベルリンは初めてですし、立ち上げてまだ3ヶ月くらいですし、その辺では一抹不安がありますが(^^;)

兎にも角にも、魚達が戻ってきました。
やっと一息つけます(^^;)
残念ながらチビシマを落としてしまいましたが、犠牲者は1匹だけで切り抜けられました。
この点はほっと一安心です(^^)
魚が泳いでいる水槽って、やっぱり良いですね(^^)

303.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/11/09(日) 21:49:44|
  2. 海水魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

f348s16

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。