はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3代目[絶望編](-_-)

家に連れて帰って、バケツトリートメント2日目。
様子を見ると案の定、白点(^^;)
ここまでは想定してましたので、まだ余裕がありました(^^;)

その後、4日間のGFGを投入したバケツトリートメントと淡水浴により、白点、寄生虫は追い出しましたけど調子は少し落とした感じ(-_-)
ただ、餌は食べてましたので、それほど心配はしていませんでした。
しかし、あまり元気がない状態で、元気バリバリのブラバンがいる90cmトリタンに入れたら、撃退されること間違いなし。
ですので、籠を浮かせてそこに入れてました。

100均で新たに大き目の籠を買ってきたのですが、所詮籠。
狭い籠の中ではさらに調子を落としそうです。
という事で、翌日には初代ブラバンとトレード。
これにより広いところで泳いでもらって元気を取り戻し、、という予定だったのですが、またしても薄っすら鰭が濁っている魚が数匹(-_-)
3代目ブラバンには症状はでていませんでしたが、同じ水槽に3日いたわけで感染間違いなし(-_-)
ここで、全魚の2度目のバケツ水飼え法となりましたが。。。

これで完全に調子を落としました(-_-)
2度目の水飼え法2日目より、全く餌を食べなくなりました。。
それに背びれの一部が、たった1日の間に溶けました(-_-)

水飼え法を終えた後の調子は最悪。。
この状態でまた籠に入れたりしても回復するとは到底思えず、急遽60cmタンクに海水を張り、そこに単独で。
しかし、一向に調子は上がらず、、というか日に日に調子を落としているような。。
同じ場所にずっといて、鰓呼吸が速い(-_-)
完全にやばいパターンです。。。

ほぼ人災で殺してしまったような2代目と同じ末路か。。。
この状態が2日続いたあと、少しだけ動くようになりましたが、依然餌は食べず。
一応、餌には反応し餌には寄っていきますが食べません。
なんかアズファーのときに似てるし(-_-)

もうお手上げ、、、というか、完全に☆を覚悟しました。。。
天に任せるのみか、また少しだけGFGを入れて少し比重を下げてみるか。。。
と、半ばサジを投げる寸前だったのですが、その前に行きつけショップの社長に相談。
「弱っている魚がいた場合、どうします?」と(^^;)
「俺なら状態のいいリーフタンクに入れちゃうね。かえって薬とかが入っていない方がいい」と。

この時点でリーフタンクは空回しをしてから3週間強。
状態が凄くいいかどうかは別として、少なくともトリタンよりは間違いなくいいでしょう。
ただ、魚を戻す予定(1ヶ月)には少し早く、今までの苦労(白点駆除)が水の泡になる可能性もあります。
トリタンのまま、毎日の換水でしのぐかどうか悩みましたが、手をこまねいている訳にはいきませんので、2日かけて水あわせした後ポチャンしました。
都合よくリーフタンクには魚が1匹もいないので、ストレスが溜まる事もないんじゃないかと。

プラケースですくいポチャンしたのですが、結構暴れましたので元気は多少は残っている感じ。
この時点で既に1週間近く餌を食べてません。
ただ、やる事は全てやったので、これで駄目なら諦めつきます。

原因は一体何なのか?
社長が「リーフタンクに入れちゃう」と言う事だったのでそうしましたが、勿論、明らかに何かの病気だったとしたらこんな事はしてません。
4日GFGの薬浴&淡水浴をして、3日空けて、また4日間のGFGの薬浴。
海水の場合、GFGは薄めでいいということのようですが、もしかしたら濃い目に入れすぎたのかもしれません。
はっきり言って目分量だったし(-_-)
GFGはいくら強い薬ではないとはいえ、連続で長期間使用するのはあまり良くないのかもしれません。。。
ただ、他の魚達はヘッチャラでしたから、何ともいえませんが。。

しかも狭いバケツの中で、毎日のようにタッパーですくわれて。。。
これが精神的なダメージになったのではないかと。
実際、少しでも人の気配がすると逃げてましたし。。
脅えてたんですね。。。
他の魚達は「餌くれんのか?」と物凄い勢いで寄ってくるのとはえらい違いです(^^;)
約2週間の間、毎日のようにいじくりまわして、かなりストレスが溜まったのかもしれません。
とは言っても、あとの祭り(-_-)

リーフタンクに入れた後も、水槽裏の薄暗いところでジッとしたまま(-_-)
当然のことながら餌も食べず。。。
正直この時点で「時間の問題かな。。。」と思ってました。
ただ「輸送状態が悪い魚って、こんな感じじゃないのかな?」と希望は捨てずにはいましたが、考え付く事は全てやりましたし。。
というか、万策尽き果ててリーフタンクに入れちゃったのですけど(^^;)

リーフタンクに入れて3日目。
餌を流すと、顔の近くに来た餌を1粒食べました!!
実に10日ぶり。
ただ、本当に口元に来たものをついばむと言った感じ
餌までユラ~と近づいていくのですが「あ~通り過ぎちゃった」って感じで、ほとんどの餌は流れていきます(-_-)
水が汚れようが何だろうが、少しでも多く食べてもらえるよう、大量に餌をばら撒きましたが、食べたのは数粒ほど(-_-)
もしかして、目が見えてないのか??
ただ、少しは希望が湧く出来事だったのですが。。。

翌朝、まだ薄暗いなか水槽脇のリフタンの照明をつけると、寄って来たのですが様子が明らかにおかしい(-_-)
よってきたはいいけど、水槽に顔をぶつけて水槽面とライブロックに挟まったまま、背びれを大きく開いてる(-_-)
これって、断末魔の喘ぎか?(-_-)
異常に鰓呼吸速いし(-_-)
「昨日餌食ったじゃね~か。。」とぶつぶつ言いながら出社。
完全に終わったと思いました。。。
「俺にはブラバンは無理なんだ」と潔く諦めることにしました。。。

仕事から帰って恐る恐る水槽を眺めると、、、姿が見当たりません(-_-)
「一体何処で死んでんの。。」と思い、水槽を見渡すと、今までいたことがなかったコーナーボックスのそばに。
「は~生きてたか。。」と様子を見ると、「もしかしてコーナーボックスについている苔を食べてる?」(@_@)
何か、昨日より心なしか元気そうだし??
今朝の状態って、もしかして寝ぼけてただけなのか??

この日を境に少しずつ調子を上げていき、その3日後。
劇的に好転しました(^^)
何故なのか全く分かりません。

3日前から、ヨウ素を添加しだしました。
「もしかして魚が元気になるのかな?」とPMFを探したのですが、直ぐに買えるところが見つからず(-_-)
「他に何か出来ないか?」と考えた末、何故かヨウ素買ってました(^^)
もしかして少しくらい効果があったのかな?

決して大げさには書いておりません(^^;)
今まで調子を落として死んでいった魚達の症状に非常に似ていたわけです。
「こうなったらもう駄目だな」といった状態に。
特にユラ~と泳いで水槽に顔をぶつけるような状態の魚がかつて復活した事はありませんでした。
それに異常なほどの過呼吸状態からもです。

しかし、一体何が悪くて何が良かったのかさっぱり分からない状態です。
また長くなりましたので、次は[復活編]で(^^)
スポンサーサイト
  1. 2008/11/23(日) 08:35:58|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

3代目[購入編](^^;)

○は●でも直らないです(^^;)
リーフタンクのリセットを決意し、水飼え法が終わったばかりの10/17に、我が家にやってきてました。
物凄く長くなりそうですので、3部構成です(^^;)
何がやってきたのかというと、改めて(^^;)

317.jpg

3代目を向かえ入れております(^^;)
ちなみにトリタンで泳いでいる方が初代でございます。

3代目の彼(彼女かもしれないけど ^^)がやってきたのは、リーフタンクの面々の水飼え法が終わって90cmトリタンに移って数日後のことでした。
サイズは約10cmです。

リセットを始めたばっかりにもかかわらず、よせばいいのにBookmarkしてある全てのショップのHPを巡回。
そこに彼はいました。
しかも1匹目を連れてきたのと同じショップに(^^;)

「もしかしてまたディスカウントしてくれたりして」という気持ちはなかったわけではないですが、冷やかしに見に行こうかと(^^;)
心の中では「○諭吉以下だったら考えちゃおうかな~」と思わなくもなかったりしてました(-_-)

で、ショップで見た彼は、家にいる子と同じごった煮水槽にいました(^^;)
ブラバンを比較的お値段の安い、結構な数のケントロ、チョウなんかと一緒に泳がせているショップはここ以外見たこと無いです(^^;)
普通、ブラバンクラスだと単独に近いかたちでいますから(^^;)

そこにいた子は、我が家にいる初代とは全然違いました。
せわしなく動き回り、色々なところを突いていました。
状態は凄く良さそうに見えました。
餌食いも良かったです。

しかし、一緒に泳いでいる他の面々はというと、餌こそ食べますが。。(^^;)
体色は白っぽく色が抜けていて鮮やかじゃなく、とても健康的には見えません(^^;)
やっぱりこのショップの魚の状態は良いと思えません。。

で、じろじろ見ていると、前にも買って行ったのに気付いたのか、いきなりの1割引提示(^^)
「それに消費税かかるんですよね?」と一言いって沈黙(^○^)
すると「税込みでさっきの値段までなら何とかなります」と。
私は全くネゴはしてないんですけど、勝手に下がっていきました(^^)

お値段的には、少し前に見た某有名ショップで提示されていた金額の2/3より数万安い。
で、ネットで眺めた、最安値のショップよりも2.5万ほどお安いわけです。
もう値段的にはOkだったんですね(^^)
一度箍が外れると、留まる事を知りません(^^;)

しかし、安かろう悪かろうではいけませんから、ジックリ観察。
間違いなく病気持ちです(^^;)
さて、問題は家で復活させることが出来るかどうか?
たまにブルブルッとやるし、気持ち鰓呼吸が早く感じないでもない状態。
白点か寄生虫なのは間違いなし。
ただ、それ以外の病気は大丈夫そう。

体は傷一つ無く、体色は非常にいいです。
元気もあり、体も厚いですし。
餌の食い方も積極的で、他の魚達に餌を横取りされると、イラッとしてます(^^)
で、「慎重にやれば復活させることは出来るかな」と。。。
寄生虫、もしくは軽度の白点といったところですから。。

1匹死なせて、その後も沢山☆にした記憶はどこえやら(^^;)
それに「この水槽にずっといたら、本当に調子を落としちゃう。早く出してあげなくちゃ」という使命感がなんか湧いてきてしまって(^^;)←アホ
ということで、連れてきてしまいました。。
ま~無謀なことをしたもんです。。。
しかし今考えても、何でここまで自信満々の発想になるんだか(^^;)

この時点では「2回しか行ったことないのに、2回ともブラバン連れてかえるなんて、俺っていい客だな(^^)」と余裕かましてたのですが。。
次は絶望編ということで(-_-)
絶望の日々が始まります(-_-)
  1. 2008/11/21(金) 22:25:31|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

初動画!

素晴らしい光景です!
もう大満足です。
基本的には、もう終わりでいいかな~と思ってます。
いや~素晴らしい!

最後の大仕事が残ってますけど(^^)





(^○^)

(^○^)

(^○^)

  1. 2008/11/18(火) 22:38:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

紹介したばっかりだったけど。。

紹介したばかりのポッターズが逝ってしまいました。。。
トリコディナ症でしょうか??

316.jpg

逝ってしまう3日前くらいから、急に元気がなくなったような気がしてました。
たまに出て来る時に良く観察してみると、尾鰭辺りが白くなってました。
ただ、餌はそこそこ食べてました。

で、おかしくなって2日後には出て来なくなり、次に見たときは底に横たわり虫の息でした。。(-_-)
トリコディナ症って初めて経験しましたので「もしかして感染したりする?」ということで、直ぐに取り出しました。

で、トリコディナ症を良く調べてみると、、、
「発病すると非常に危険な病気」
「進行が早くて、発病後5~6時間ぐらいで死んでしまうケースもある、結構怖い病気です」
だって(-_-)

しかも普通に飼ってたら、ならない病気だそうで、水質がどうのこうのと書いてありました。。
家のリーフタンクで、何でそんな病気にかかるのかね(-_-)

とのと、あっという間の出来事でした。
いずれにしろ、取り出しようもないですから、どうすることも出来なかったと思いますが。。。
他の魚に感染していないことを祈るばかりです。。

あまりいい環境と思えない、トリタンで元気に過ごしていたのに、何でこんなこと起こるかな。。。
ポッターズは何故か、他の魚達が患ったことがない病気になって☆になってしまいます。
松かさ病とかトリコディナ症とか。。。
トリコディナ症ってクマノミだけかと思ってました。。
やっと迎え入れたのに、がっかりです。
  1. 2008/11/17(月) 22:46:06|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今日もう1つの嬉しかったこと

綺麗なサンゴが届いてニコニコだった今日、もう1つ非常に嬉しかったことが。

実を言いますと、ミニチュアネジリンボウが我が家にやってきた日に、もう1匹連れて帰ってました。
こやつもネジリンボウとどっこいどっこいのチビ。
ここまで小さいと、ある程度覚悟はするわけですが、見事に両ネジリンボウと一緒に5日間のトリタン生活をクリアしリフタンに入ったわけです。
しかし、3日後から行方不明(-_-)
リフタンを引っ掻き回して探したのですが、見つからず。
もしや飛び出しかと、散々探しても見つからず。
「ひっそり息を引き取って、ヤドカリにでも食べられちゃったのかな。。。」と諦めていたのでした。

で、今日サンプに一瞬魚の影が見えたような気がしました。
もしやと思い探してみましたが、やはり見つからず「気のせいか」と思ってたのですが、サンプに濾材を詰め込んでいる際に、見つけました!!!
もしやと思い、何度かサンプを探したのですが、見つからず諦めていたのですが、1週間サンプで生延びていたみたいです。

リフタンはこんなことが無いように、排水口にガードをつけてますが、そんな尾もんは簡単にすり抜けられるくらいのチビです。

314.jpg

わかります??
ではもう一丁(^^)

315.jpg

ニセモチノウオ(^^)
めちゃくちゃ可愛いです!
お気に入り(^^)
いなくなってがっかりしてましたよ(^^;)

また排水口から落ちていきそうなので、リーフタンクに入れようと思ったのですが、もう少しリフタンで観察しようかと思います。
リーフタンクに入れたら、また違う意味で行方不明になっちゃいますので(^^)
  1. 2008/11/15(土) 22:55:40|
  2. 海水魚(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日届いたものは

今回は大当たり。
私、基本的にサンゴは通販です。
やっぱり通販は激戦区とかで買えば安いですから。

ですが、通販にも問題が。
はっきり言って、色合いが全然わからんです。
良くディープブルー系の照明下で撮られていますが、その画像は見事です(^^;)
でも、我が家の照明はコーラルグローとブルー球。

我が家の水槽に収まると、販売サイトと同じ、もしくはそれ以上になったことは無く、常にグレードダウン(^^;)
ミドリイシなんて、元々チャイロイシですから、照明に左右されるわけです。
ということで、今まで届いて常に少しがっかりしたわけです。

それに懲りればいいのですが、やっぱり通販の方が全然安いわけで(^^;)
まずは2週間前に届いた激安。
形や大きさは「え??」って感じでしたが、意外に綺麗でした。

312.jpg

実際は画像より綺麗です。
同時に届いたもう1つの激安は、本当に「なんじゃこりゃ」でしたから、画像却下。
で、我が家の水槽のいい位置に鎮座していた、デュソロウィー。
無残なまでに茶色になりました(-_-)
ポリプはめちゃくちゃ出てるんですけど?
そして、同時に届いたハイマツは見事に白化しました(-_-)

「やっぱりSPSは駄目かな?」と思いつつも、我が家にずっといるこの御二方はチャイロイシから見事復活。

313.jpg

「きっと、駄目になったやつは難しいんだ」と自分を納得させ、ポチポチしたものが、今日我が家にやってきたのが、見事に綺麗なやつでした。
正直感動したくらい(^^)
SPSって大体太陽光の下では、ただのチャイロイシなのですが、太陽光の下でも綺麗(@_@)

310.jpg
311.jpg

特に2枚目のやつは、本当に綺麗です。
画像なんかよりずっと綺麗。
ん~ぜひともこのままで、維持したい。
リアクターないし、今日思うことあって、サンプに濾材入れちゃったし、やっぱり無理かな。。。

しかし、SPS増やしすぎ。
既に7個も入ってるし。。。
もう置くところないから、終わりですけど。。。
リアクター導入しようと思いつつも、なんとなくのり気ではないです。
水は毎週変えるし、無くてもいいんじゃないかな?って感じです。
どうなんだろう?

  1. 2008/11/15(土) 22:31:43|
  2. サンゴ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実を言うと、、

今だトリタンを畳んでなかったりします(^^;)
今だ結構なスピードで人工海水減っております(^^;)
毎日30リッター交換してますから(^^;)
こんな感じです(^^)


309.jpg



何故かと言うと、、、詳細は後ほど(^^;)
  1. 2008/11/14(金) 21:49:43|
  2. 海水魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ドサクサにまぎれて我が家に来た面々(2)

海藻を買ってくるため、ノコノコショップへ。
「魚はもうちょっとの我慢、今日は草だけ草だけ」と心に決め、行ったのですが、、、(^^;)
ショップに行けば、一通り水槽を覗くわけで(^^;)
我慢できませんでした(^^)

この方。

306.jpg

ヒレナガネジリンボ。
1.5cm位(^^)
ミニチュアサイズです(^^)
ここまで小さいのは始めて見ました。
小さすぎてピントが合いません(^^)

1週間くらいはたまに見かけたのですが、ここ2日くらい見かけてません(-_-)
最後に見たときは2匹ともでてきて餌を食べてたのですが。。
もしかして、最初で最後の紹介なのか(-_-)
餌はちゃんと食べてたし、1週間問題なかったので大丈夫だと思ったのですが??
また出て来る事期待(^^;)

と思ったら、今晩見かけました(^^)
2匹仲良く同じ穴倉にいるようです(^^)
よかったよかった。

p.s.>
さて、海藻の状態はというと、予想に反して溶けてません(^^)
しかも、新芽が出ています。
我が家に来て1週間ちょっとなのですが、結構な勢いです。
茶ゴケがついていないところが、新たに生えたところです。
しかし、茶ゴケ何とかならんかな(-_-)

307.jpg

それとこれは先々週末のことなのですが、リフタンのから水漏れのあとが?
一体、何処からか?と調べてみると、水圧に耐えられず、接着面が剥げたようです(-_-)
やっぱり専用品じゃないと、危ないですかね(-_-)

板厚は3mmですので、水を張るとそこそこ反ってます。
もしかして、こんなことが起こるのではないかと想像しなくもなかったのですが(-_-)
それにしても、一気にこなくて良かったです(^^;)
そうなってたら、崩壊ですから。。。

撤去しようとも思ったのですが、せっかく作ったのに早々に畳む気にもならず、四隅をアクリル角材で補強しました。
たっぷり接着剤を流し込みましたし、アクリルの接着剤は溶かしてくっつき合うような物なので、大分補強できているとは思うのですが。。
あまり長く使わない方がいいかもしれませんね。。

308.jpg
  1. 2008/11/11(火) 22:05:01|
  2. 海水魚(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ドサクサにまぎれて我が家に来た面々(1)

水飼え法真っ只中に、やって来た方がいました(^^)
アホやね~。

海水魚飼育を再開して、図鑑を眺めながら真っ先に憧れた魚。
当時、ブラバンとかはとても飼えると思ってませんでしたから、何とか飼えそうな(買えそうな)憧れの魚。

初めて飼ってからは、ほぼ途切れることなく、ペア化にトライするくらい好きでした。
ペア化は大失敗でしたが(-_-)
一応、♂と♀を入れたんですけど。。

ずっと我が家にいましたが、松かさ病と思われる悲運の死でいなくなって随分と時間が経ちました。
最近あまり見かけず「来年のシーズンまでお預けかな?」とばかり思ってましたが、自宅から一番近いショップのHPに「4~5cm多数」と。
「少し大きいな~」と思いつつ、直ぐに行くことが出来るので、ちょっと顔を出しました(これが間違い ^^;)

そこで泳いでいたのは3~4cmのチビばかり。
一気にテンション上がっちゃいました(^^)
水飼え法の最中なのに(-_-)
でも「今なら一緒に水飼え法できるぞ!」と(←アホ ^^;)

状態は全て非常にいい感じ!
餌はどれも食いまくってます。
一番小さな奴をロックオンしようとしましたが、この魚は青い部分が多いと少ないとでは、綺麗さが違います。
青が多いのがオスで少ないのがメスです。

ここまで小さいサイズはあまり数を見たことが無かったのですが、このサイズで性別は決まっているのかな?
ということで、オスと思われる少し大き目を連れて帰りました(といっても4cmくらい)
「このサイズならペア化できるんじゃないか?」と思わなくもなかったですが、少しお高いため断念しました。
実際に連れて帰ったのが♂かどうか、確実ではないですし(^^)

やってきたのはこの方。
やっとこさ水槽に入れることが出来ましたので紹介です。

305.jpg
304.jpg

何か好きなんですよね~。
状態のいいポッターズは、色が濃くて非常に綺麗です。
調子が悪いと、青い部分がグレーっぽくなり、オレンジの部分もレンガ色っぽくなります。
薬浴をへて、長いトリタン生活を送ってましたので、今は少し色が悪いです(^^;)

ポッターズの難点といえば、ちょっと気が強いこと。
これまた早めにリベンジしたい、マルチも一緒。
この気の強さで、少し間があいてしまったというのもあります。

心配していたのが、ココスの餌食にならないかということ。
連れて帰った当初は、ほとんど隠れるところがない、ベアタンクのトリタンですし(^^;)
案の定チョッカイをかられてましたが、自分より体格のあるココスに対して、対抗心むき出しです(^^)
簡単には逃げません。
さすがだ(^^)

でも、リーフタンクに入ると縄張り意識を持つのか、各ケントロ小競り合いがありますね(^^)
ポッターズは勿論押されぎみ(^^;)
ですが、尾鰭が短冊になろうが、たくましく餌を食いまくってます(^^)

とま~、元気一杯です(^^)
我が家に外せない魚!
やっぱりこの魚は好きです。
  1. 2008/11/10(月) 21:45:19|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

魚達が帰ってきました!

今回の水槽空回し作戦は、兎に角大変でした(-_-)
前回のときは魚達が全て小さかったため、意外に楽に1ヶ月を乗り切ったのですが、今回のように大きめの魚がいる場合は大変です。
それを見越して、90cmタンクを引っ張り出してきましたが、やはり水質の悪化は急激だったようです。

バケツにより水飼え法にて白点を追っ払って、90cmトリタンで順調に療養?していたように見えたのですが、2週間ほど経過したとき、また薄っすらと鰭が濁っている魚を発見(-_-)
ここで放置しても仕方がないので、再度の水飼え法。。。
90cmという大きいトリタンで、小さいとはいえ外部フィルターを接続し、毎日15リッター程度の水換えを行っていたのですが、水質の悪化は避けられなかったようです。
もしくは外部フィルターに白点がいたか。

水飼え法施行の間、90cmタンクは綺麗に洗い、外部フィルターもバクテリアはパーになりますが、綺麗に洗いました。
デトリタスが猛烈でしたので、これは正解だったかも。
皆さんがバケツにいる間、バクテリアを入れて回しておりました。

しかし、バケツにいた4日間で、十分にバクテリアが育つわけも無く、外部フィルターは気休め程度。
魚が戻ってきてからは、30リッターの水換えを毎日行ってしのぎました(休みの日は少し多めで)

本水槽復帰プロセスの最終段階では、毎日本水槽の水を30リッタートリタンにいれ、1週間かけて本水槽の水に慣らすつもりでした。
丸4週間経ったら行う予定だったのですが、事情があり3週間ちょっと経った時点からはじめました。
実質の空回し期間は3週間ということになりました。。
この辺の事情は後ほど。
そして4週間と1日経った今日、魚を戻しました!

予定より少し作戦を早めてしまいましたが、多分問題ないでしょう。
4週間というものは「シストから幼虫が放出されるのが最長28日」という情報によるものなんですけど、一番活性化するのは6±2日だそうなので、多分大丈夫でしょう。
実際、35日という情報も見たことがありますので、あまり気にしても仕方がないです(^^;)

今回の作戦で白点は一掃出来たか?
そんな事は、全く思ってません。
正直なところ、もっと長期間空回ししたからって、完全に白点がいなくなるなんて思ってません。
問題は、水槽がちゃんと機能しているかと、魚の状態だと思ってます。
という事で言えば、ベルリンは初めてですし、立ち上げてまだ3ヶ月くらいですし、その辺では一抹不安がありますが(^^;)

兎にも角にも、魚達が戻ってきました。
やっと一息つけます(^^;)
残念ながらチビシマを落としてしまいましたが、犠牲者は1匹だけで切り抜けられました。
この点はほっと一安心です(^^)
魚が泳いでいる水槽って、やっぱり良いですね(^^)

303.jpg
  1. 2008/11/09(日) 21:49:44|
  2. 海水魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お店について

私は横浜に住んでますので、行ける範囲のショップは山ほどあります。
実際、相当数のショップに行きました(魚を買った買わないは別として)
海水魚飼育再開当初は「兎に角安ければいい」といった感じで、袋詰めされているものなんかを買ってました。
水槽のほうも全然駄目なわけですし、直ぐに☆にしてしまっては、また買いにいってということを1,2ヶ月くらい続けたでしょうか?

今は基本的に袋詰めされた魚を売っているようなお店では買わないようにしています。
魚にとっていいはずはないし、基本的に「お店が売りやすい」といった商売的な発想のものだと思いますから。
もちろん、魚たちは長い長い輸送を経てショップに並ぶわけですから、数時間くらい袋に詰められたからって、それほど影響は無いのかもしれませんので否定はしないですけど。

色々なショップに行ってみると、値段の相場やお店の姿勢などがなんとなく分かってきます。
お店の姿勢というのは、入荷する魚の種類や売り方です。
ショップは、規模やお店としてさばける(売れる)量によっても違うと思いますが、3つくらいに分かれるのではと思っています。

1. 週末に売りさばける量を入荷し、トリートメントそこそこに店頭に並ぶタイプ(人気店)
2. 兎に角大量に仕入れて、週末で売り切れることも少なく、結果的に長期在庫の魚が残っているタイプ(問屋をかねているようなショップ)
3. お店がそれほど流行っているわけではないので、結果的に長期在庫の魚が残っているタイプ(こだわり、もしくは地域密着型?)

値段的にいうと、上から下にかけて高めかな?といった感じ(1と2はトントンかな?)
また、何時行ってもラインナップが変わって楽しませてくれるのは、圧倒的に一番上のタイプが多いように思います。
2のタイプのショップはどちらかというと一般的な魚が多いです。

私が昔から行っているのは、2のタイプのお店。
水槽の水のほとんどがエルバージュかGFGで黄色い状態。
売り場というよりはトリートメントタンクを展示しているといった感じのお店、正直汚らしいです(失礼 笑)
基本的に同種の魚を大量に仕入れますので、長期在庫の魚もいて状態もいいように思います。
ここで買ってきた魚たちは、家に連れて帰って直ぐに死んでしまうようなことはありません。
白点が出る確率も非常に低いです。

このお店で買うようになったのは「自分でまともにトリートメントできないので、お店でトリートメントされている魚を買ったほうが無難」といった考えからです。
でもですね、、変にいっぱしのキーパーになったつもりになってしまって、変わった魚がほしくなっちゃっうわけです。。
このショップのラインナップはあまり変わり映えしません。
問屋も兼ねてますから仕方ないのかもしれません(仕入れのほとんどはシッパーからで、仕入れるシッパーはあまり変えていないようです)

で、一時期足が遠のき、1のタイプのショップに良く通うようになったわけです。
水曜、木曜辺りにに入荷して週末に売り切ってしまうといったタイプのショップです。
ほんと、大喜びしてしまうような魚が毎週のように入荷してきます(笑)
でもですね、、、正直、2のショップに比べると生存率は大分低いです。

トリートメントといっても、少し広いところで泳がしてるといった程度で、多分薬浴もしてません。
淡水浴くらいはしてんのかな?
「どうかな~。物凄く良くは見えないけど、特別悪くもなさそう」と思って連れて帰ると大体死にます(^^;)
これって、見分けが出来ているような気がしますが、何故かその場では「これは何とかなるんじゃないか?」って思っちゃうんですよね~(爆)

私にトリートメントの技術があれば、生存率も違うのかもしれません。。
数匹並んでいる中で、順位はそこそこつけられると思います。
ただ、その中で一番良さそうなのが、ずっと生きていられる位の元気が残っているか判断できるか?というと、、そこまでの眼力は無いです(-_-)
明らかに良くなさそうなのは避けいるつもりなんですけど(^^;)
こういったショップで購入するには、自分の目を養うことと、少しでも疑問に思ったら自制できることが必要になりますね(^^;)

3のタイプのショップもたまに行きます。
我が家から一番近いということもあるのですが(^^)
基本的にお値段は高いです。
ですが、売れ残って状態が良いものがいることもありますので、たまに掘り出し物がいたりします。
餌付け難易度が高い魚が、餌を食べていれば多少高くたってそっちの方がいいわけです(^^)
といった感じで私は3タイプの3ショップを使い分けていたりします。
この3ショップ以外では魚を買う事はほとんどないです。
通販での魚の購入もほとんどないです(逆に珊瑚は通販が多いかも ^^)

そこそこ長生きさせることが出来た魚でさえ、沢山☆にしてしまっているヘボキーパーですので、すこしでも迎え入れて直ぐに☆というのは避けたいものです(^^;)
という事で、また昔から行っているショップ(2のタイプ)にメインを戻そうかなと思っています。
欲しい魚がいたら社長に入荷のお願いをすればいいかなと(^^)
実際はほとんどが決まったシッパーから仕入れていて、あまり問屋から仕入れていないような感じなので、難しいかもしれませんが(^^;)
社長は「んっ、探しとく」と言ってますが、どうだか(^^;)

という感じで、私はメインは2のタイプのショップ。
どうしても欲しい魚がいる場合や、安売りのとき(頻繁にやってます)は1のタイプのショップ。
たま~に、3のタイプのショップという感じで、使い分けてます(^^)
  1. 2008/11/07(金) 23:19:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

低比重中の魚水槽

低比重にして翌日に、調子の悪そうだったチビマクロスはそれっきり姿を見てません(-_-)
ベアタンクなのに亡骸すら見つからない。。
それとコラリスも☆になりました。
このコラリスは、何故か異常に嫌われていました。
アデに追っ払われ、ウズマキに追っ払われ。。
兎に角、落ち着けるところがなかったように思います。
鰭は短冊状態でした(-_-)

ですので、餌は食べようとしていましたが、他の魚の気配がすると逃げ惑う始末で、餌も食べそうな感じがなかったです。
少しだけ見られた白点は、低比重に移行3日ほどで無くなってました。
そんな状態のまま☆になっちゃいました。。

今回は、非常に初期状態に低比重治療をしました。
白点はコラリスに少しだけ見られただけで、他と言えばチビマクロスの体表が少し白抜けしたような状態になった程度。
アデとウズマキは全く体調を落とすことなく、餌は食いまくりです(^^)
ですので、あっという間に収束したという感じです。

今回に関しては、濾過槽のバクテリアにダメージがあり、機能していなかったと思われます。
最近、茶ゴケが出るようになってきましたので。
水槽移行の際、濾材は軽く洗った上で、濾過槽を40度で循環させました。
バクテリアは50度まで大丈夫らしく、白点は40度で死滅すると言われているためそうしました。
前回、濾過槽の40度循環させたときは成功しましたので、軽く洗ったことで大分バクテリアが減ったのかもしれません。

3週間を過ぎたところで、毎日少しずつ比重を戻していってます。
ある程度比重が戻って、安定しているのを確認するまで、もう少し生体の追加は我慢我慢。
体制が整った暁には、やはりアズファーを迎え入れたいと思います。
このまま順調にいってほしいです。
  1. 2008/11/03(月) 20:30:04|
  2. 海水魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

マゴタンクの使い道

マゴタンクを立ち上げようと思っていた理由の一番はリフジウムタンク。
プランクトンは湧くし、苔が減るし、いいこと尽くめではないかと(^^)
しかし、それなりに調べてみると、どうもそんなに簡単なことではないようです。

まずは、SPSに必要な栄養分も消費するということ。
となると、リアクターはやはり必須か??
リアクターの導入が遅れてますが、何故なら気になっている事があります。
その不安要素は「PH変動」

リアクターは照明が切れたときにCO2の添加をやめるようなのですが、照明と一緒にCO2の供給をやめるだけでいい??
結構、色々なところで説明されていますが、ちゃんと頭の中で整理できていないような(^^;)
一番混乱させているのが、今流行?のマッドシステム。

リフタンとマッドシステムの違いは、24時間照明でスキマーなしの理解でいい??
24時間照明で、PH変動が少ないという事は、24時間照明じゃないとPHの変動は激しいのでしょうか??
それも、リアクター付けたらさらに激しくなる??
さらにさらに、海草、海藻はないよりあったほうが変動激しい??

CO2やKHなどが関係するようなので、CO2を消費する海草、海藻とKHを上げCO2をあげるリアクターがあると変動要素が増えるので、ちゃんと理解してからでなければ危ないのかな??
この辺の理解が乏しいので、リアクター導入になかなか踏み切れなかったりします(^^)

いずれにしろ、水槽脇のマゴタンの照明を24時間煌々と照らすわけにはいきません(^^)
ただ、海藻類は以外に好きなので少しは入れたいと思ってます。
少しくらいなら変わりはないでしょ(^^;)
以外に海草、海藻類は好きで、過去にヘライワズタやサボテンなど何度かトライしてるのですが、あっという間に溶かしてます(^^;)
うまく飼えないんですね~。

で、リフタンもどきにするとして、それらと共に過ごす方たちは。。。
小さめのハゼとかが定番なのかもしれませんが、正直興味ないです(^^)
やっぱりリフタンに徹する?

もし、リフタンにしないとしたら、もう一つ興味があるのは陰日性サンゴ。
キサンゴ系は開くと綺麗ですよね~。
ただ、やっぱり飼育は難しそうですし、水を汚しやすいので専用タンクの方がいいんでしょうね。。

となると、一番現実的なところで言えば、餌付けタンクかな??
ここなら落ち着いて餌付けできそうだし。
という事で、こんな感じになりました(^^)

302.jpg

ショップで「社長!溶けにくいやつってどれですか?」って聞くと「わかんね!何種類かもってったら、どれか溶けないんじゃないの」って感じで4種類ほど入れてくれました(^^)
増えてくれるといいんですけどね~。

しかし、餌付け水槽として完璧に見えませんか?(^^)
海藻類が溶けなかったらだけど(^^;)
いつも即効で溶けてしまうのですが、導入方に問題があったのかも??
海草、海藻類は水質変化に弱いらしいので、今回は水あわせしてみました(^^)

ここでの住人1号は誰かな~(^^)
インドニシキ、シマ、ホワイトフェイスB/Fはたまた(^^)
さ~どなたでしょう(^^)
楽しみです(^○^)
  1. 2008/11/02(日) 22:35:45|
  2. リフジウム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

f348s16

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。