はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スキマー製作への道のり1

水槽を立ち上げた土曜日、一日中家にいたので一気に製作を進めました。
一応は、それなりに作業は進めていました。
まずは本体部分。
正直なところ、買ってきたアクリル板でBoxを作れる自身は全くありませんでした。
という事で25cmキューブのアクリルケースを買ってきてこれに貼り付けていく作戦に。

これは大正解でした。
アクリル板から、素人がBoxを作るのは不可能な技なのではないでしょうか??
ボックスに貼り付けているにもかかわらず、少し歪んでおります。。
この作戦を取らなかったら、四角くならないは、水じゃじゃ漏れは、で頓挫していたことでしょう(^^)

「初めから本体を25cmのキューブにすればいいんじゃない?」という話もあろうかと思いますが(^^)、考えに考えた上で25cm×25cm×30cmにしたものですから。。。

次に頭を悩ましたのは排水。
本当はL型継ぎ手をBOX内部につけて、その先にさらに配管をつなぎ合わせて、BOXの最下部から排水を取るつもりではありましたが、設計上幅は30cm。
型取り?のための埋め込んだアクリルボックスは25cmのキューブであったため、猶予は5cmしかありません。
L型継ぎ手の高さ?は5cm以上有りましたので断念。
仕方ないので、端材でBOXを作りできるだけ下部から排水を取り込むように工夫しました。

254.jpg

本体BOXの製作が大体終わったので、丸板の削りだしと丸穴。
これ用に大き目の自由維を買っておりました。
これにて、ドーナツ形状の板を6枚と丸板1枚。
そして本体BOXの天板に丸穴を2つ空けました。
この時点で手は血だらけ。。。(-_-)
翌日は手が腫れまくってました(^^)
無謀にもハンドドリルで作業しましたから(^^)
自由維は凶器です(^○^)

255.jpg

一番やる気をなくしていたのは、心臓部のベケットヘッド。
ケースごと購入したのですが、入り口も出口もinchサイズ。。。
そのままでは塩ビ配管が全く使えません。
という事で、ひたすら削りの作業で何とか目処がつきました。

これで、すべてのパーツの作成はほぼ完了。
本体とシェル、シェルとシェルのつなぎ目はメンテナンス性も考え、ネジ止めするのですがその穴あけのみ。。
それが完了すれば、貼り付けと組み立てだけです。
但し、ネジ(アクリル?)の数が少し足りません。
これを調達せねば。

残りの作業は慎重にやらねばなりません。
アクリルは割れやすく、何回か失敗しているうちに、多めに買っていたつもりのアクリル板はなくなりましたので。。。
作業は架橋に入ってきましたが、それにしても大変な作業です。。。
自分で作るなんて考えない方がいいです(^^)
確かに材料費と工具代で2万はかかっていませんが。。。

思っていた通りの性能を発揮して「作ってよかった!」と思いたいです(^^)
仮組みして見ましたが、でかい(^^)

256.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/08/15(金) 10:45:45|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

f348s16

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。