はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新水槽への道のり1

先週末1.5ヶ月ぶりくらいに週末2日休めましたので、作業を進めました。
まずは、水槽台の下に敷く、板(合板コンパネ)をホームセンターまで買いにいきました。
我が家には車は2台ありますが、どちらも大きな荷物は積めませんので、無料で車を貸してくれるホームセンターまで(^^)

買って来たコンパネは1800×900と馬鹿でかいものでしたので、余計なところをのこぎりでカット。
ただ、面倒になって横方向のカットしかしませんでした。
それに、魚水槽も移動をするので2枚。
この暑い中なので、それだけで体力を使い果たしました(^^)

てんでやる気がしないのですが(^^)、何とか鞭打って水槽台を組み立てました。
水槽台のニス塗装は平日仕事から帰ったら、塗っていましたので組み立てるだけ。
そこに水槽台とサンプと水槽を仮置き。

あとは配管用の塩ビ管の足りないものを調達してちょっとだけ組み立てました。
この時点で、やる気まで失いました(^^)
残る作業は、残りの配管と、コーナーボックスの加工。
今のままだと底砂がコーナーボックス内に大量に進入してきてしまいます(-_-)
それにアクリル剣山の作成とまだまだですね。。。

今度の水槽は、高さが50cmと前のより5cm高い上に、今の水槽のように上下に帯がついていませんので、水槽が大きく見えます。
何とか今週末には水を回したのですが、難しいか。。
早く水を回して、せっせとバクテリアを繁殖さたいのですけど(^^)

244.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/07/30(水) 21:54:32|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

湧かしてみたものの。。

魚追加したときには必ず、トリタンで検疫してからと決めています。
で、この時期のトリタンはというと、水温はえらいことになってます(^^)
ということは少なくとも涼しくなるまではお預けということになるのです。

が、しかし!
1. 激務に耐えた自分への御褒美(早くしないと次始まっちゃうし・・・)
2. 白点祭りだった魚水槽はすっかりよくなり、今だ比重1.010続行中
3. トミーさんの水槽見ているとまだ入れられるという妄想が(^○^)

ということで、湧かしました(^^)
まずはこの方。

241.jpg


我が家ではじめて飼った大型?ヤッコです。
非常に黄色が鮮やかで、ブルーの目。
大好きな魚です。
病気で☆にしてしまって、直ぐにリベンジする予定だったのですが、タイミングが合わず、ずっと御無沙汰でした。

幼魚班が消えたばかり位の、4cmサイズのチビです。
フレークを食べたので連れて帰りましたが、我が家の水槽では苔ばかり突きまくってケントロのようです(^^)
それにお腹の辺りにミミズ腫れのようなものが出来てしまいちょっと心配。
心配した混泳の方は、ちょっと大きいサイズの魚がまくろちゅちゅ、フレームといるのですが、ほとんどトラブルも無し。
まくろちゅちゅはお互い無視で、フレームとは体寄せ合って「何だこのやろう!」とやってますが、それだけ(^^)
予想に反して全く問題無しです!

やっぱりロックビューティーはいいです。
リーフタンクだともっと映えます!
近いうちロリマキとトレードする予定です。
ロリマキ->魚水槽、大丈夫かな??

次もリベンジ組。
あまり派手な柄の魚は好きではないのですが、この魚だけはありです。
ただ、この魚に関しては本当に混泳が心配。
本当は幼魚柄からの成長を楽しみたかったんですけど、あまり小さいサイズでは瞬殺されそうで。。。
しかも社長が「成魚模様になりかかっているやつでも、安い方の値段でいいよ!」といってくれたので、、柄でかけの一番大きなサイズを連れて帰りました。

サイズにして10cmちょっと。
これくらいなら、大丈夫かな?と。。。。
それが、水槽に入れた瞬間に。。。。

こんなんになりました(-_-)
アデ坊です。。。
瞬殺でした(-_-)

242.jpg

この体制のまま24時間以上(-_-)
アズファーにボコボコにされました。。。。
何であんなに執拗なんだろう。。。
「もしかして死んでる?」と思い、つついて隠れ家から出した瞬間、またアズファー(-_-)
鱗が飛び散ったのを見て「こりゃ駄目だ・・・」

本来、強い方を隔離するべきなのですが、あまりにもボロボロになってしまったので、アデ坊を隔離しました。
本当にボロボロです。
「このまま死んじゃうんじゃ」と思いましたが、餌あげたら食べました(^^)
少し療養してもらいます。

243.jpg

直ったらアズファーを隔離しようと思います。
クイーンも虐めてはいたのですが、アズファーみたいに執拗ではないので、アズファーのみ隔離すれば取りあえずは何とかなるんじゃないかと。
しかし、隔離ケースのアデに向かって、アズファーが執拗に突進してます。。。
どれくらい隔離したらいいんだろうか??

岩組みとか変えてみても全く効果が無かったので、アズファーの気が変わるのを待つしかないのが現状。
確かに、前もアズファーとアデを一緒に飼っていた時期がありましたが、仲悪かったしね。。。
このときもアズファーの勝利でした。
ただ、このときは両者ほぼ同じサイズでした。
何とかならんかな。。。
  1. 2008/07/28(月) 21:09:46|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

新水槽への準備

ほぼものは買い揃えました。
買い揃えただけです。。。。
休みは出ずっぱりで、午前様連発状態で、荷物をなかなか受け取れない状態でした。
月間労働300Hペース(@_@)。。。。。。
ありえん。。。。

やっと全てを受け取りました。
これで、水槽、サンプ、水槽台、循環ポンプ、スキマー用ポンプと全てが揃いました。
結構グズグズと注文できなかったのが水槽台とサンプ。
なかなかサイズを決めかねてました。

まずはサンプ。
ベルリンにする予定でしたので、あまり大きくする必要は無かったのですが、水槽台は大きめにする予定でしたので、大きいサイズを入れようと思えば入れられます。
それでずっとやりたいと思っていた、リフジウム水槽をサンプに沈めてみようかと思い出し。。。
結局600×390×300というかなり大きめにしちゃいました。
実際はもっと小さくても、あまり値段が変わらなかったというのもあります(^^)
循環ポンプ用とスキマーポンプ用のソケットを無料でつけてくれました。

水槽台に関しては幅と奥行きは1200×60と決めてました。
問題は高さ。
「スキマーを水槽台に入れる入れない」「サンプに付属しているウールボックスを使用するしない」「無用に高くしたくない」等で悩みましたが、結局スキマーは中に入れられないということで700にしました。
もう少し低い方がよかったかも??
本当はスキマーを水槽台に押し込んで、あまっている30cm幅に孫タンクでも設置してチビコビーでも飼おうと思ったのですが断念です。

水槽台は「1200の台に900水槽を置く」と言ったら、無料で補強してくれました。
なかなか頑丈そうで良さそうです!
ただ、無垢の状態ですので塗装しないといけません。
まだ組み立ててもいないし。。。

早く水を回したいので、セットしたいところですが。。。
今週末は休めそうですけど、水回すまでは無理かな。。。
それにスキマー。
はっきり言って、全くやる気なしです。。
ベケットヘッドのケースの入り口出口の口径がインチサイズで、塩ビ管が全く使えずかなりやる気をそいでます。
失敗しました。。。
ケースは自作すればよかった。。。

  1. 2008/07/24(木) 21:30:06|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お宝3匹の近況

途切れてました近況報告です(^^)

お宝3匹はとっても平和です♪(ニシキのぶち切れはありましたが ^^)
素晴らしすぎます!
家に来て、かれこれ4ヶ月になるんですね~。

237.jpg
239.jpg
240.jpg

家に来た当初は、3,4日に1回ほどニシキの餌食いが悪くなったりしたのですが、今はマイペースでパクついております。
シマも相変わらず元気です。
そしてスミレですが、いつもシマにどつかれて、頻繁に尾鰭が切れていたのですが、最近はそんなこともなくなりました。
スミレだけは少し大きくなったような気もするので、悪さされにくくなったのか??
相変わらず3匹の中では一番地位?が低いですが、この先逆転があるかもしれませんね(^^)

とはいっても、この3匹、ほとんど大きさは変わっていません。
ココスが着々と体格の差を埋めております。。。
それもそうです。
やっぱり、餌を食べるペースが違います。
ココスやロリフレームはパクパクパクッといった感じに対し、3匹はパクッ、、、パクッ、、、パクッ、、、といった感じ。
この食欲の差が成長力に現れるんでしょうね。

兎に角、この3匹は特に悪さするわけではなく、基本的に大人しいし、ほんと平和で見てて和みます(^^)
今、パワーバランスとしては最高な感じです。
この平和はいつまで続くんですかね~。
キーとなるのは、間違いなくこの方ですね(-_-)

238.jpg

この前、ココスを買ったショップの社長に「後悔してない?」と聞かれました(^^)
「そんなこと無いですよ」と言ったところ、「ちゃんと納得した上で買ってもらわないとね。大きくなると本当にどうしようもないから」ですと(-_-)
ココスは筋金入りの悪童のようです。。。。
正直、片鱗は見せてますし、なんとなく納得です(-_-)
ほんといつまで続くんですかね~。
この平和。

その前に新水槽への移行という難関が待ってますけど(-_-)
失敗は許されんです。

  1. 2008/07/16(水) 22:13:47|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

白点祭、その結果・・・

生意気にも「魚の飼育について書いてみる」などと、Blogに書いた数日後位から、また魚水槽が白点です(-_-)
某雑誌に「絶好調宣言をすると途端におかしくなる」というコメントが載っていましたが、まさにその状態(^^)
しかし、「ちょっと前の○ミーさん水槽と同じで万年白点状態だな」などと余裕をかましていました(^^)

何故なら、特に痒がったりもせず、少しだけ鰭が濁っている程度の症状。
それに、何度も修羅場を乗り越えている面々ですから、ちょっとやそっとではへこたれないかと。

原因の方ですが、先週日曜日に60リッターの水交換をした後に、硝酸塩を測ったら25ppmでした(-_-)
毎週必ず水換えは行っているにもかかわらずです。
水換え前は一体どれくらいだったんだ??
という事で、水質でしょうね。。。

外部フィルターからサイフォン式O/Hに変更して、濾過能力は格段にUPしたと思うのですがこの水質。
アンモニアや亜硝酸は測りませんでしたけど、多少は出ていたのかも?
しかし、更なる濾過能力強化となるとシステムを変更する以外にありません。。。。

ただ、もう1つ水槽を買うというのは。。。。
となると、新水槽立ち上げの際に引退するはずだった、現ケントロ水槽を魚水槽にするしかありません(濾過槽も馬鹿でかいですし)
随分と傷が酷いのですが、仕方ないところです。
抜本的な解決策は現ケントロ水槽に移してから(いつになるか分からないのに・・・)と、のんきな考えで3週間ほど放置してました。。。

しかし、金曜日に状況が一変。
一変といっても、少し症状が悪化したといった程度でしたが、「やっぱり可哀想だからちゃん治療しなくっちゃ。万年白点じゃいかんよね」と。
それで、少しずつ比重を落として行ったのですが、本当に状況が一変してしまいました(-_-)

アズファーと両B/Fが塩鮭状態に。。
他の面々は特に変化なしなのですが??
アズファーとゴールデンB/Fは餌を打てば狂ったように食べますので、「まあ何とか」といった状態でしたが、ホワイトフェイスは水槽の隅っこで動かなくなりました。
しかも、ホワイトフェイスの肌荒れが劇的に悪化。
「比重を落とすの失敗したかな。。。でも、また復活してくれるでしょ」程度に思ってました。。。

しかし、見る見るうちに体に血が浮いてきました(-_-)
肌荒れが酷く随分と鱗が落ちていたので、そのために出血しているのかと思いましたが、短時間の内にどんどん血の浮いてくる量が増えてきます。
ついに土曜日の夜には泳ぎがおかしくなりだし「もしかしてビブリオなのか?」と疑いだし、、、、、水槽から出しました(涙)
他の魚たちへの影響も考えて。。。

ホワイトフェイス、我が家に来て5ヵ月半でした。
随分頑張ってくれたのですが。。。
この敗因は、ホワイトフェイスを餌付けられなかったことでしょうか?
クリルやシュアーSをついばんでいた時期もあったのですが、大きな魚たちに押され口にすることが無くなり、ついにガリガリに。
「何でもいいから食ってくれ」とアサリをあげるようになったのですが、凄い勢いで食べるようになり体力回復。
ですが、他の食べ物には一切関心を示さなくなりました。。。
「いずれ人工餌にTryしよう」とは思っていたのですが。。。

そのアサリが水質悪化を招いて。。
特に、最近のアサリは子持ちが多く、いつも以上に水を汚していたような気がします。
ホワイトフェイス、また挑戦したいです。
ただし、餌付けるまでは落ち着いた環境が必要なので、水槽を大きくしてからのことでしょうか。。。

アズファーの白点は本当に酷いですが、残りのメンバーは多分大丈夫かと。。。
ホワイトフェイスがビブリオでなければですけど。。。(-_-)
比重を1.012まで落とし、GFG投入中です。
ただ、特に低比重に弱いホワイトフェイスがいなくなったことで、もう少し比重を落とすかもしれません。
万年白点は脱却したいです。
もうアサリを打つ事は無いので、少しは近づくかな。。。

このシックな色合いが好きなんですよね。。
チョウでは一番好きかも。。
残念です。。
「ホワイトフェイスとオレンジフェイスOnlyのリーフタンク」なんて憧れたりしてます。

236.jpg

  1. 2008/07/13(日) 21:52:58|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

茶コケで悩んでます(-_-)

ケントロ水槽の茶ゴケが半端じゃないです。
毎日掃除しなければ、見るに耐えられなくなるくらい酷いです。
しかも、布で拭いたくらいでは取れずに定規でゴリゴリやってます。
よく、この劣悪の環境でミドリイシが生きているもんだと思うほど酷いです(-_-)

リン酸?硝酸塩?
リン酸吸着剤は高々数ヶ月しか効果が無いのに結構なお値段で買う気なし。
ある方のBlogで「鉄釘を沈めて、鉄系化合物ろして除去」というのを見かけ、濾過槽に釘を放り込んでみましたが効果なし(^^)
もっとも、釘を沈めているところは好気なので駄目なのかな?
硝酸塩を安物のスティック検査薬で調査しても、限りなく0に近い?(0というか10ppm以下なのかな??)

兎に角、爆発的といっていいほどの茶ゴケの量。
新水槽立ち上げの理由は、傷が酷くなったというのもありますが、「茶ゴケに我慢が出来ずシステムを変更しよう」と思ったのもあります。

餌はそれほど沢山あげてはいません。
ケントロ水槽の住民は、いまだMサイズの餌をバクバク食べれる魚がいませんので、Sサイズをあげています。
それをスポイトで上げている程度。
正直、少ないんじゃないかと思っているくらいです(量的には魚水槽の1/10以下かな?)
その魚水槽より苔の量は凄いです。。。

水のバランスが悪いのでしょうか??
とりあえず魚たちやサンゴたちは元気なのですが。。。

「硝酸塩が多い原因は濾材が多すぎ」というのを見たことがあるのですが、濾材が多いと硝酸塩が増えるの??
確かにベルリン等では、生物濾過を行う前に除去してしまうという発想ですが。。??
それと「リアクター付けたら茶ゴケが減った」というのも見た気がするのですが、何の関係があるのでしょうか??
今だ、勉強不足であります(-_-)

昨日、土曜日出勤→日曜日に朝起きたら喉痛い→微熱→会社休めないから家で大人しく(-_-)
ということで、気合入れていつもの倍近い、130リッター近くの大量換水してみました(何で? ^^)
魚水槽と比べるとケントロ水槽の水の透明度はかなりいいと思っていたのですが、大量に冠水した後の水の透明度は素晴らしいものがありました。
たまには全体の半分以上の換水が必要??
もし、これで茶ゴケのペースが一時的にでも落ち着いたら硝酸塩のせいだということになります。
でも、もしそうだったとしてもそんなに頻繁には出来ないし。。。
生体に影響があると嫌なので、苔取剤のようなものは入れたくなかったのですが、何か試してみようかな??

  1. 2008/07/07(月) 22:40:31|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

覚醒したの?(@_@)

先週の土曜日は終日仕事で、唯一の休みである日曜日は大雨で薄暗い(-_-)
気分も晴れず、まだ照明がついていない薄暗い水槽をボ~~~と眺めていると、ビックリする光景が(@_@)

その主は、いつもおっとりしていているこの方。

235.jpg


このニシキさんがですね、、、ぶち切れまくってたんです(@_@)
特にココスに。
少しでも視界に写ると、物凄い勢いでアタック。
ココスだけではなく、新しく入海したロリフレームやスミレにまで当り散らしてます(@_@)
水槽に向かって「一体どうしたの??」と問いかけておりました(←危ない奴 ^^)

15分ほど眺めていましたが、延々と続けています。
随分と遠くからでも物凄い勢いでアタック。
兎に角、随分と機嫌の悪い様子(^^)
それとも、覚醒したのか??
あまり強くなられても困るんですけど(^^)

ずっと見ていても仕方が無いので、水槽を離れたのですが、半日ほど経った照明が点いたころに、また覗いてみると。。
いつもの穏やかなニシキに戻ってました(^^)
一体何だったんでしょうか??
魚にも腹の虫の居所が悪いといったことがあるのでしょうか??
それとも寝起きで機嫌が悪かった??
魚って不思議だ(^^)

  1. 2008/07/03(木) 21:57:11|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

いないとと困るのよね

という事で、またまたロリフレーム湧いております(^^)
やっぱり赤はいるんですよ、赤は。

今回、ココスが大きくなっているので、あまりにも小さいと撃沈されそうですので、ターゲットは前のより少し大きめの3.5cm~4cm辺り。
ショップにたどり着くと各種サイズ取り揃えておりました(^^)
1匹だけでしたが、前とほぼ同じロリサイズも(^^)
それを見てしまうと「やっぱりロリフレームは可愛いよね~」と(^^)

前のロリフレームは事故が起きるまでは苔しか食わずとも、ずっと元気でしたが、やっぱり人工餌を食べてくれる方が精神衛生上ありがたいです(^^)
ということで、「餌を食べればね」と餌をばら撒くとバクバク食ってます(^^)
という事で決まりです(^^)
前のよりは気持ち大きいくらいの、3cm弱のチビです。

トリタンで4日ほど過ごしてもらったのですが、人影を感じたら慌てふためいて餌を食べるどころではありません(-_-)
前の子と比べて異常にビビりなんですけど。。
魚も色々性格があるんですね。。
「せっかく餌食べるの確認して連れ帰ったのに・・・」と思っておりましたが、トリタン最終日に遠くから様子をうかがうと(^^)、食べている様子。
これで、あとは混泳の問題がクリアできればOKです。

で、先週日曜日に入海したのですが、その時にタイミング悪く、ある方が切れまくっていまして・・・(-_-)
正直、ビックリです(@_@)
一体何があったんだ??
もうぶち切れまくり(^^;)
そのせいもあり、ロリフレームは逃げ場として見つけた小さな穴から出てこなくなりました(-_-)
このことは後ほど詳しく。

その後なのですが、最初のショックのせいなのか2日ほどは逃げ場の穴付近をチョロチョロするだけ。
当然餌場にもやってきません(-_-)
「やっぱり小さすぎるのは駄目?」と思っていたところ、4日目からは餌場に集まって人工餌を食べるようになりました(^^)
ココスのもチョッカイも気にせず、たくましく食いまくっております。
やっぱりフレームはこうでなくちゃ(^^)
綺麗な赤のまま、元気に育っとくれ!

234.jpg

  1. 2008/07/02(水) 21:57:58|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

f348s16

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。