はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴールデンの症状

一昨日、治療中2匹のうち、1匹☆になりました・・・。
また同じことを繰り返してしまいました・・・。
本当のところ、原因は何なんでしょうか?
大きな鱗がある体の部分は逆立ち、そうでない顔の部分はゴツゴツしています。

前回と違う所と言えば、血が浮いていないのでビブリオではないような気がします。
今回はほぼ全換水していますし、殺菌灯も設置してありますので細菌がウヨウヨといった状態ではないと思います。
海水館さんのHPで内容が少し改定されていたので読んでみましたが、立ち上げ1ヶ月~2ヶ月くらいの間に水中の細菌が多い状態になるそうです。
バクテリア(菌)が炉材に定着せず水中に沢山浮遊している状態では、アンモニアや亜硝酸が出なくなったとしてもいい状態ではなく病気になりやすいそうです。
前回の壊滅の時期は丁度そのタイミングだったように思います。
殺菌灯もつけていませんでしたし・・・。

鱗が逆立ち始めると臭いを発するのか、色々な魚たちに突かれるようになります(前回も同じでした)
しかも凄く痛いのか突かれた後、激しく暴れます。
ホンソメに突かれてもです。
前回はそのため、皆ビブリオに感染して崩壊しました(ビブリオは口や傷口から感染するそうです)
今のところその突いていた魚たちにビブリオの兆候は見られません(元気なゴールデン、アズファー、ホンソメ)。

やはり、単なる低比重による肌荒れなのでしょうか?
ですが3匹いるゴールデンのうち、1匹は全く問題ありません。
この1匹はトリタンに移さず、今だ1.009の低比重の水の中で白点治療がほぼ終了しようとしています。
ただ、健在の1匹と症状の出た2匹の違いがあるとすれば、家に来たタイミングが違います。
当然ショップに入荷した時期も違います。

低比重に強い弱いという個体差があるのでしょうか?
それとも、2匹をつれて帰ったタイミングで入荷状態が悪かったのでしょうか?
また、全て☆になったタイミングはGFGを添加してからです。
ゴールデンはGFG(薬)に弱い?
残った1匹は現在、比重1.016でGFGを添加していないトリタンにいまが、少しずつ調子を取り戻しているようにも見えます。

あと考えられるとすれば、体に傷が付いてしまい何かの細菌に感染してしまったということ。
ゴールデンは元気のいいときは怖いくらい馬力があります。
同じ大きさの大型ヤッコより全然暴れます。
正直、怖くなって手を引っ込めることがあるくらいです。
また、結構な音がするくらいの凄い勢いで壁に激突たりもします。
慎重に扱っているつもりですが、兎に角暴れますので傷が付いてしまったのでしょうか??

いずれゴールデンは5匹くらい泳がせたいと思っていますので、同じことを繰り返さないよう原因と何かあったときの治療法をはっきりさせたいのですが。。
現在、調子の悪い1匹は多少比重を戻したトリタンにいますので、これで直ってくれれば、極度な低比重がやっぱり良くないという結論に達するのですけど。
ちなみに餌はちゃんと食べてます。
ただ、☆になった1匹も前日餌食べてました・・・。
少し元気になったような気がしますが、楽観視出来ません。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/09(水) 21:55:43|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。