はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心配事

心配の種はアズファー。

ここのところアズファーが肌荒れ状態です。
肌荒れと言うか、何か埃が付いているような感じ。。
黒っぽい体ですので、良く目立ちます。。。
何か良くないことの前兆ではないかと少し心配してます。

白点になったときのように激しく痒がったりはしてませんが、たまに痒がったり、スカンクのそばを離れずクリーニングの催促をしたりしてます。
餌は良く食べてますので「それほど気にしなくてもそのうち直るかな?」と思いつつも、ずっと気になってました。

で、ある方のBlogを読み直していると、アズファーで似たような症状になっている記事を見かけました。
それを呼んでみると、どうも「トリコディナ病」なのかもしれません。
でも私の経験したトリコディナ病とはちょっと違う感じ。

海水魚を再開したてのときに1度だけクマノミを飼って「トリコディナ病」になってしまいました。
この時は、ゼリー状の膜のようなものが体に付いたのですが、その時とは感じが違います。

トリコディナ病は淡水浴で直るそうです。
淡水浴はいつでも出来るし、もうしばらく様子を見ようとおもってました。

ですがおとといの夜のこと、体に大きな傷を発見。
その日はくたびれてよく観察しなかったのですが、昨日の夜にじっくり見ると、5mm四方ぐらい穴が開いてその部分がすごく腫れてます・・・。

何か腫瘍のような感じです。
一体なんだろう??

アズファーは調子が良いときはスレッドを広げて体を大きく見せているような気がします。
でも調子が悪いと、画像のように体を小さく見せます。
今日は少し餌食いが悪いし、明日トリタンに移すことにします。
アズファー、、君、体弱すぎるよ・・・。

61.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/11/10(土) 23:39:03|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クイーン最高!

いや~フレディー最高だね~。
と、一昨日届いたQueenのモントリオールのライブDVDのことではありません(笑)

我が家に来た2代目クイーン。
非常~に良いです!!
餌爆食いで元気一杯ですし、トリタン卒業!と言いたかったところですが、白点出ました・・・。

本当は木曜日の時点で、卒業していただく予定でした。
何故延期したかと言うと、火曜日の朝、薄暗いトリタンの中覗いてみると、何か鰭に一杯ついとる・・・。
「うぇ~白点か~」と思ったのですが、白点とは違うようにみえます。
リムフォか?
胸鰭と尾鰭に沢山付いてます。
お店で10日間トリートメントされてることだし、調子も良く餌も良く食べているので、早めに本水槽に投入すべく、火曜の夜から少し比重を戻す作業をはじめました。
くたびれていたので少々、荒っぽく作業しすぎたと反省しとりました。

ですが、その日の夜、仕事から戻って水槽を覗いてみると、綺麗さっぱりなくなってる???
そんなことあるのか???
何にしろ、取りあえずほっと一安心。
正直その日は家に帰るまで「全身リムフォだらけになってはしないだろうか?」と酷く心配してましたから(笑)

で翌朝またまた薄暗い中、一人だけ早起きのクイーンを覗くと、前日ほどではないですがまた付いてる。。。
リムフォがこんなパターンで付いたり消えたりするのは聞いたことがありません。
「やっぱり白点か?」とじっと観察するも、やっぱり少し違うような??
案の定、その日の晩も綺麗さっぱり消えてました。
全く痒がっている様子も無く、白点ではないように思いますが、やはり付いたり消えたりのパターンが気になります。
という事で、慌てる必要も無いですし(早く本水槽で泳がせたいですけど 笑)もう少し様子を見ることに。

で今朝、今度はちゃんとコンタクトして(笑)じっくり見てみると、やっぱり白点でした・・・・。
体にも1点だけでしたが、ポツッと付いてました・・・。
「またかよ~・・・」って感じ。
白点が出る気配も無いような魚たちが入っているトリタンの比重を戻す作業は、どうも気が緩んで横着しちゃいます。
またしても、比重戻し作業失敗です・・・。

という事で、トリタン卒業は余裕を見て来週末にしようと思っています。
本水槽といえば、マルチにちょっとだけ白点出てます。
白点の完全撲滅は本当に難しいですね・・・・。
あれだけ色々やったのに、白点Freeの期間(そう見えていただけ?)はたったの2週間だけでした・・・。

もう手としては、トリタンで出来るだけ体力つけて白点にかかりにくいようにするしかないですね。
「トリタンは病気が無ければ卒業」と考えていましたが、「出来るだけ餌食わして太らせる」と考えを改めなければならないですね。

幸いクイーンは元気一杯ですので、それほど心配はしておりません。
ですが、サンゴの間を優雅に泳ぐクイーンの姿を見るのは1週間お預けです。
  1. 2007/11/10(土) 23:30:57|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。