はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魚水槽崩壊の危機

魚水槽が崩壊の危機です。
傷が酷かったゴールデンは☆になりました・・・。
何であんなになっちゃったんだろう・・・。
物凄くかわいそうでした・・・。
ごめんね。。。

トリタンの比重は1.009にしたのですが、トミーさんに言われたとおり紅海産の魚は極端に低比重に弱いのでしょうか。。
アズファーも紅海産なのですが・・・。

昨日はくたびれてゴールデンしかトリタンに移さなかったのですが、今日アズファーとアデをトリタンに移しました。
ですが、予想以上に弱ってました・・。
結構簡単に捕獲できましたから。。

アズファーは目が白く濁ってます。
それに、どうも白点ではなくウーディニウムのような気がします・・・。
胡椒をまぶしたような感じですから。。
しかし、まさかアデまで弱っているとは・・・。
何で昨日やらなかったのか悔やまれます。

無茶を覚悟で淡水浴を7分間しました。
アズファー、アデとも、淡水に入れたら1分ほど死んだようになりかなりあせりましたが、2匹ともエアレーションをしたら、何とか持ち直しました。

もうボロボロです。
何でなんだろ?
正直、明日の朝トリタンの中で、誰かが☆にっているんじゃないかと想像しちゃいます・・・。

82.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/11/30(金) 22:54:20|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

テンション下がりまくり

はっきり言って、今回の低比重治療法失敗しました・・・。
昨日の夜より、白点が増殖しだしました・・・。
水換え法に変更する予定ですが、アズファー、アデ、ゴールデン×2、その他チビたちと沢山魚達がいて、まとまった時間が必要です。
今は仕事に支障があると問題ですので、今日は症状の酷いゴールデンだけトリタンに移しました。

ゴールデン。
白点というよりも、体表がボロボロです。
痛々しくて本当にかわいそうです・・・。

77.jpg

78.jpg

79.jpg

81.jpg

80.jpg


鱗が立っていて、剥がれていっているのか血が浮いています。
最後の1枚だけは、餌爆食いのチビのほうで、比較的軽症です。
ですが、大きいほうは日に日に症状が酷くなり、血の滲みも増えてます。
何かの病気なのでしょうか・・・。
低比重によるものだけとはとても思えません。

今1.010の低比重にGFGで様子を見ています。
大きいほうは餌はいまだに冷凍シュリンプしか食べなく、かなり心配です。
最近フレークすら食べなくなりました。。。

それと最近登場しなくなっていたポッターズ♂ですが、昨日お亡くなりになりました・・・。
全く食べないわけではないのですが、餌食いが悪くなり痩せてきていたので、このままケントロ水槽に投入すると、♀にやられてしまうと思われるため、トリタン生活を延長させていたのですが、1週間前くらいから体の色が悪くなり、気にはなっていたのですが、昨日・・・。

かなりテンション下がってます・・・。
ポッターズには本当に悪いことしました。
飼い主の責任ですね・・・。

今週末は仕事やなんやで、時間があまり取れないのですが、睡眠削ってでも魚水槽を何とかしようと思っています。
  1. 2007/11/29(木) 21:58:30|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魚水槽近況

比重落として1週間ほど経ちました。
気合で毎日30リッターの水交換をしているのですが、今だ白点は駆逐できてません。

体表に白点は見えなくなりましたが、まだ体を震わせたり、鰭が濁ったりしています。
いつもなら完全に消えている時期なんですけど・・・。
低比重に強い白点が我が水槽で生まれてしまったのでしょうか?

でも体調は明らかに良くなってます。
餌食いの勢いが凄いですから。
アデとゴールデン1匹は、ずっと食いまくってましたが(笑)、特にアズファーの餌の食いが良くなりました。
ある程度は安心できます。

問題は今の低比重(1.012)をいつまで続けるかですね。
兎に角、ゴールデンの見てくれが酷いです。
鱗が逆立って、ゴツゴツ見えます。
トミーさんのタテキン様大復活劇をBlogで拝見し「もしや直ったりして?」と10分ほど水浴び(笑)してもらいましたが、直っておりません。

ということですので、出来るだけ早く比重を戻したいのですけど、白点は消えてないし判断が難しいところです。

  1. 2007/11/27(火) 20:49:12|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

またまた惨状・・・。

魚水槽(大型ヤッコ水槽より改名 ヤッコ少数派ですもんね 笑)が火曜の夜から白点祭りです・・・。
ゴールデンを眺めていて「リムフォ増えたか・・・」と思い、凝視すると大量にポツポツ・・・。
もしやと思い、アズファーを見ると塩鮭状態・・・。
またです・・・。

1.020の比重を一気に1.012に落としました(今度は確実に1.012 笑)
今日現在も、数は減ったように思いますが白点健在です・・・。
今までの経験上、日曜日には目視できないくらいになるはずですが・・・。

餌食いは、1匹除いて爆食いに近いので、それほど心配はしていません、、、と言いたいところですが・・・。

心配はゴールデン。
何か見た感じがおかしい??
何でそう感じるのかまじまじと見てみたところ、少し鱗が逆立ってる感じです・・・??
体表がゴツゴツしているように見えます。

ちっちゃい方は、この水槽で一番の大食漢(アデやアズファーより食べてる気がします 笑)なので、良いとして、でっかい方。
まだ、粒餌を食べるところまで持っていけてなく、冷凍ブラインしか食べません。
食べていたはずのフレークやクリルの食いも今一。
餌付け前に白点というのは厄介です。
早く落ち着いて欲しいです。
そして、元の綺麗な体に戻って欲しいです(涙)

この水槽、アンモニアや亜硝酸は出ておりませんが、水が安定しているといった状況に無いんでしょうね・・・。
ボロボロですから・・・。
そんな状態で、でっかいのを3匹も一気に増やしたのは問題だったかもしれませんね・・・。
餌の量すんごいですし・・・。
早く終息して欲しいです。
もうウンザリなんで、明日から泊まりで遊びに行って現実逃避します・・・。
・・・ばっかです(涙)
  1. 2007/11/23(金) 22:55:49|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シマ永眠

惨敗です。。。
何も出来ませんでした。。。
やれることはやったつもりですが。。。
はじめから状態が悪かったと言うことで気持ちの整理をしようと思います。

うちに来た子はマニラ産。
内臓とかやられていたのでしょうか?
マーシャル産やバヌアツ産は大切に扱われて状態がいいといいます(お値段もいいですが)
ですが、個人的にはマニラ産の柄が好きだったりします。

是非、我が家の水槽にシマをお迎えしたいので、またトライします。
シマが入って打ち止めです。
でも自信ないです。
は~~~~。
  1. 2007/11/21(水) 22:10:13|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | コメント:4

シマヤッコ

想像以上に良いですね~。
「水槽にシマ2匹だけという感じでも十分に絵になるな」などと妄想してしまうくらい良いです(笑)

ただ、想像以上に難関です。。。
とにかく最初は、入れてある塩ビ管の隠れ家から出てきませんでした。
以前、チョウチョウが飼えない代わりといっては何ですが、似た雰囲気のチリメンが好きで、何度かTryしたのですが、同じ感じでした。
隠れ家からチラッとこちらの様子をうかがう仕草も一緒です。

そのチリメンですが、結果は全滅・・・。
1匹だけ何とか冷凍ホワイトシュリンプは食べるようになったのですが、結局それ以外食べることは無くやせ細って☆になってしまいました。

とにかく漂っている餌にビビッて逃げ惑うので「こりゃいかんは・・・」と。。。
「えいや~で水槽に入れてしまって、自然に餌付くのを待つか?」とも思いました。
ケントロ水槽にいる魚たちで一番大きなポッターズより、シマは体高があるし体面積は倍くらいある感じです。
ですので他の魚にちょっかいはかけられないんじゃないかと。

でもですね、餌付けが難しい部類で、諦めて水槽に解き放っていつの間にか餌を食べるようになった魚は、経験上ほぼ0です。
また正直、水槽に大量の餌や水を汚す冷凍餌を撒き散らす気にはなりません。
サンゴが一杯入ってますから・・・。
となると、やはりトリタンの中で何とか餌付いてくれなくてはいけません。

で、お店で売られていた状況を考えてみました。
前にも書いたとおり、インドキンギョやらチョウチョウやらハギやら同じ水槽に沢山魚がいました。
クリーニング行為をしたりして仲がよさそうだったし、底面を突いていて、ストレスを感じているようには見えませんでした。
また、お店では極端に人におびえることもありませんでした。

ということで、おとなしい(傷心の 笑)ポッターズ♂を同じトリタンに入れてみました。
様子を伺うと、前より表に良く出てくるようになりました。
これがストレスによるものなのか、他の魚がいて人間への警戒心が薄れてなのかはわかりません。

それとYAMATOさんに「あまりいい状況ではない」と忠告されたので、教えていただいたとおりライブロックを入れてみることにしました。
GFGを抜き、水槽内で動かせるライブロックを取り出し、トリタンに入れてみました。
それと飾り珊瑚を入れてみました。
飾り珊瑚に引っかかった餌を突いてくれないかと。

その結果は、、、効果なしです・・・。
ポッターズは何故かライブロック突かず、水中を漂う餌も食べません。
下に落ちた餌Onlyです。
まねしてもらおうと思ったのですが、駄目でした。

餌は、冷凍コペボーダ、冷凍ホワイトシュリンプ、シュアS、メガバイトG S、フレーク、クリルと色々あげてみましたが効果なし。
ちなみにポッターズはシュアS、メガバイトG S、クリルしか食べません。
コペやシュリンプでもいいからをとにかく食べて欲しい。
という事で、ちっちゃいアミチョウを買ってきてしまいました(笑)
真似してくれないかと(笑)

トリタン(40cm水槽)に3匹は少し多いかな?とも思いましたが、小競り合いはほぼ0。
思惑通りアミチョウはコペは食べてます。
「真似しろ~」と願っても、むなしい現実・・・。

家に来て2週間を超えますが、痩せてきたようには見えません。
ですが、正直元気はなくなったような気がします。
静かにしてずっと観察しても、何かを突くような素振りが全く見られません。
時間の問題でしょうか・・・?
とにかく諦めず、頑張るしかないですね・・・。

76_20071119220108.jpg
  1. 2007/11/19(月) 22:01:21|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

比重計

兎に角、ヘッポコ飼い主であるため、常にトリタンが立ち上がっている状態で、海水の入れ替え量が凄いです。
某社の比重計を使っているのですが、この手の簡易比重計には問題があります。
海水は大体バケツで作っているのですが、バケツに比重計突っ込んで比重を測れないんですね。
横から見れませんから(笑)

それに、測るごとに微妙に違ったりして、どれが正確な比重なのかわからずイライラする事もありました。
ということで、、、、買っちゃいました。
塩分濃度屈折計。
これで、1.008の比重にも出来るぞ!!
ちょっと高かったですが、補正も出来るし長く使えるわけで良しとします。

早速、補正液で0点調整しケントロ水槽の水を測ってみたのですが、結果は1.026???
凄く高くないか???
今までの比重計で測って見ると1.021。
嘘・・・、0.005も狂っているわけ?

何度測っても、補正液で調整しても結果は同じ。
ちなみに大型ヤッコ水槽は塩分濃度屈折計1.020で今までの比重計1.015と誤差0.005で同じ。
0.005も誤差があるのは信じがたい。
使用期間は半年くらいで、1回使うごと直ぐに綺麗にしていました。

ちなみに塩分濃度屈折計でRO水を測って見ると、0.001???
あまりの誤差と、RO水で0を指さなかったため、塩分濃度屈折計も今一信用できず。。
使い方間違っているのかもしれないし(ちなみに後で水道水を測って見ると0でした?)

途方にくれていたところ、ガラス管式(ボーダー度)の比重計があるのを思い出し、大型ヤッコ水槽に浮かせてみたところ、指した値は1.020。
塩分濃度屈折計が正しかったのが判明(当たり前ですよね 笑)
ということは今まで自分で設定した比重より0.005も高かったということになります。

何時からだろ??
もし初めからだとすると、1.028という高い比重で飼育していた時期があるということになります。
今まで長生きさせられなかった原因の一つなんでしょうか(←責任転嫁 笑)
しかし、比重計買い直して本当に良かったです。

ちなみに塩分濃度屈折。
1回使ったら水で綺麗に洗って、プリズム面綺麗にしてと、これまた面倒臭いです(笑)

73.jpg
  1. 2007/11/19(月) 21:59:30|
  2. 設備
  3. | コメント:4

ゴールデンバタフライ

大型ヤッコ水槽は
アズファーとアデなのですが、基本的に人の気配がすると、穴に入ってしまい「なんだかな~」と言った感じ。
「悠然と泳いでくれよ~」と言っても聞いてくれるはずも無く(笑)、「こそこそ泳がないと言ったらチョウチョウウオだな」と、チョウチョウを入れる気満々でした。

でもですね。
家の大型ヤッコ水槽に住人と言えば、ヤッコのほかにアカネとスズメ少々とツユベラ。
ツユベラ以外は、餓鬼です(笑)
正直、体の小さな口の小さいチョウチョウが餌にありつけそうにはありません。
かといって、体の大きなチョウチョウは餌を食べてくれないという印象。

欲しいチョウチョウウオは沢山ありまが、「その辺をクリア出来そうなのはゴールデンB/Fじゃない?」と漠然と思っておりました。
一度買う気になって店に行ったことがあるのですが、その時は餌を食べなかったためやめておきました。

で、買ったアズファーの隣の水槽で泳いでたんですよ。
ゴールデンが6匹。
出来ればもう少し小さいのが良かったのですが、全部売れてしまったとのことでした。
餌を食べるか聞いてみたところ、「フレーク、乾燥クリルは食べます」とのこと。
実際にあげてもらった所、良く食べてます。

「粒餌はどうですか?」と聞いてみたところ、「まだ無理なんじゃないかと」との返答。
で、、、2匹行っちゃいました・・・。
雑誌に「複数のほうが落ち着く」と書いてあったのを見ていたので。。。
1番チビと2番目のチビです。
チビといっても、10cmと12cm位。

リムフォは付いていますが、「鰭だしそのうちとれるだろう」と無視しました。
家に連れて帰り、泳がしてみると、、、ちっこい方がでっかい方を延々と追い掛け回してます・・・。
何で・・・・・。

あまりにもしつこい為、何かせねばと2灯の蛍光灯のうち白色のほうを消してブルーライトだけにしてみると、あら不思議、落ち着きました(@_@)
第一関門突破。

第二関門は餌ですね。
これだけの体だし、フレークと乾燥クリル程度で、長生きはさせられるはずもありません。
粒餌、食べんかな?
とあけてみると、チビが興味深々で口に入れました。
結局吐き出したけど。。。

数時間後、またあげてみると、あっさり食べました!!
でかい方はまだ食べませんけど、たぶん時間の問題です。
これまたあっさりクリア!

ゴールデン、非常に顔立ちはハンサムだし、いっぺんに大ファンになりました。
いつかもう1匹くらい増やしたいな~などと妄想しております(笑)

74.jpg
  1. 2007/11/18(日) 23:05:49|
  2. 海水魚(チョウ)
  3. | コメント:3

2代目アズファー

2代目となるアズファーを迎え入れました。
先代は家に着てからずっと調子が悪く、1ヶ月ほどしか生かしてやることが出来ませんでした・・・。
☆になって、本当に凹みました。

話し変わって先週末のこと。
某Shopの近くを通ったため、立ち寄りました。
ココスやユウゼンを入荷していたことはHPを覗いて知っていたため、初めて実物を見てみようかと。
そこにアズファーもいました。

家にいたのより少し小さいのと、少し大きいのが。
その時はまだ家に調子の悪い先代がいたわけで、もちろん連れて帰る気も無く「ここのアズファーのように綺麗に直してあげなくっちゃ」などと思い、店を後にしました。

むなしくも先代は水曜に☆になり、木曜日は喪に服していたわけですが(笑)、「水槽にアズファーがいないといかん!」の思いは強く、結局先週末見かけたアズファーを見にお店に。

6cm位のと10cm位のがいたのですが、10cmのほうはちっこいのより3kほど高く、「チビのほうでいいかな?」とも思ったのですが、アデとの関係を考えると、でかいほうがいい。
しかも状態はでかいほうが良さそう。

値段が書いてなかったため、確認で店員に聞いてみると、「今セール中ですから、大きいほうでも小さいほうと同じ値段で出しますよ」とのこと。
ということで、迷うことなく大きいほうを連れて帰ることにしました。

「お金払ってすぐに替えを用意するというのはどうなんかね・・・」と少々自己嫌悪に陥りましたが、「がんばって寿命を全うさせてやるぞ!!」と心に誓った次第です(笑)
そもそも、寿命って何年だ???(笑)

家の大型ヤッコ水槽は、徐々に比重を戻している最中で、まだ薬の色も残ってますが、ほかに入れるところも無く、そのまま入っていただきました。
心配したアデとは、今のところ静かな衝突程度で済んでおります。
先代より2cmほど大きく、アデとの体格差はさらにあるため、余裕があるのか激しくいじめたりはしていません。
一安心です。

やっぱりアズファーは良いです!

75.jpg





  1. 2007/11/18(日) 22:31:28|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | コメント:2

思考回路が完全にショート

しております・・・。
アズファーの死は予想以上にショックが大きかったです。
そしてアズファーは外せない魚に。

とあるお店に、アズファーがいることは知っていました。
しかもセールやってるし。
先週に入ってきたんだけど、まだいるかな?

で、、、お店に行って、、、大型ヤッコ水槽こんなになっちゃいました。

72.jpg


やりすぎですね・・・。
なんだか止まりません。
ここ2,3ヶ月、アクア予算2桁いってないか?

でも、思い切ったおかげで、ケントロ水槽、大型ヤッコ水槽ともに打ち止めです。
トリタンの子達を無事水槽に向かいいれることが出来れば。
何としてでも、このまま維持させたいです。
誰も落とさずに。

ただし、トリタンのシマシマさんは2週間たってもなにも食べてないような・・・。
やせては無いような気はしますが。。

しかし、随分思い切ったな・・・。
でも完成したし良しとしよう!

と言いつつ、
「店にいたココスかわいかったな~」
「ユウゼンて物凄くかっこいいのね~」
と全く懲りてません・・・。

まっ、そんな暴挙には出ないでしょう。
でも、やっと買ったコーラルフィッシュVOL.11の「デッカイ本格水槽が欲しい」を読んで、「そのうち150cmだな!」と妄想しております(←アホ)

  1. 2007/11/17(土) 22:51:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アズファー永眠

3日餌を食べなく、一昨日位から人影にも反応しなくなっていたので、覚悟していましたが、家に帰ったら虫の息でした。
もうどうしようもないので、水槽から取り出しました。

原因はやはりお腹の穴だったのではないでしょうか?
正直、病気のような気がしてなりません。
アデにやられるとは思えないからです。

怪我なら良くあることですが、傷口は深く、そしてすごく腫れていました。
何とかしてやれなかっただろうか・・・。
残念です。。
アズファーはまた迎え入れたいです。
  1. 2007/11/14(水) 21:24:58|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水槽のマルチ

正直「何でこんなもんが高いんだ?」と思っていたマルチ。
でも、凄くいいですね!!
うちの子は黒ずみも無く、非常に綺麗だと思っています。

実を言うと、この子は2代目だったりします・・・。
先代はトリタンの中で色々虐められて、プラケースに入れていたのですが、本水槽に入れて2日ほどで☆になってしまいました。
攻撃に耐えられなかったのでしょうか・・。
トリタンで3週間、やっとまともに泳げる環境になって2日と儚い生涯でした。。。。

で、すっかりマルチの虜になってしまったので、全く姿を見せなくなった2日目に亡骸を確認することなく、2代目を迎え入れました(水合わせしている際に、フロー管に吸い寄せられた先代を発見しました・・・)
先代は沢山いたうちの一番小さいのをつれて帰ったのですが、チェルブの例もありますし、3cm程度のチビはほんとにあっけなく死んでしまいます。
という事で、今回は一番でかくて分厚いのをつれて帰りました。
と言っても4cm位ですけど。

水槽投入後、いきなりフレームの洗礼(フレームのほうがチビなんですけど・・・)を受けていじけてましたが、翌日から対抗するようになり、今では少し優勢かも?
ま~フレームとは頻繁に喧嘩しております(笑)
鰭をかじったりするわけではなく、体当たりをしているくらいですので、それほど心配ないと思っています。
ずっと、元気でやってください。

66.jpg

  1. 2007/11/12(月) 22:22:46|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

少しはいいことも

少し位はいいことが無ければやってられません(笑)
駄目駄目大型ヤッコ水槽と違って、ケントロ水槽はいい感じです。
タンクメイトは、

ポッターズ♀
マルチ
フレーム
ロイヤルグラマ
フタイロカエルウオ
ホンソメ

の6匹。
マルチに少し尾鰭の濁りがありましたが、3日ほどで消えました。
他の子達は全く問題なく、いたって元気です。

白点も少し出るくらいであったら、問題は無いと思います。
完全に消え去るなんて不可能でしょうから。
数日で消えてくれれば問題ないです。

マルチに少しでたのも、フレームとの闘争が一時凄くて、その砂を巻き上げてましたからそのせいでしょう。
このままずっと安定していて欲しいです。

今トリタンで静養中 & 餌付け中のクイーン、ポッターズ♂、シマを無事水槽に向かい入れる事が出来れば、魚は打ち止めです。
シマの餌付けと、ポッターズ♂♀の喧嘩が勃発しないか、、、まだ問題は山積ですが・・・(笑)

65.jpg

  1. 2007/11/12(月) 22:20:47|
  2. 海水魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新スキマー

中古で買ってきたベルリン90がやっと稼動しました。
家に余っていたRio2100では出力が足らず泡が上がってこなかったことから新規にポンプを買いました。
安物買いの銭失いにならないよう、ポンプは奮発してレイシーのRSD-40Aに。

やっと接続したのですが、何日経っても泡が上がってきません??
つないだ瞬間は泡は上がってきたのですが、その後上がらなくなりました???

安く性能アップしようと思って5,000円で中古スキマー買ったのですが、結局2万円かかってしまい、泡も上がってこない・・・。
いったい、どうなってるんでしょ??・・・。

62.jpg

  1. 2007/11/11(日) 20:41:37|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

濾過強化

大型ヤッコ水槽は餌の量(+糞の量 笑)がすごいので、今回底砂を引いたのですが、もう少し濾過を強化しようと外部フィルターを増やしました。

今のところ亜硝酸等は出ていませんが、念のためです。
外部フィルタは物凄く安いですし、炉材の骨サンゴは沢山余ってましたから。
しかし、本当はサブフィルターを買ったつもりだったのですが、買うもの間違えました・・・(笑)。

底砂取ったほうがいいかな??
早速白点出ちゃったし・・・。
もう少し様子を見ようと思います。


64.jpg

  1. 2007/11/11(日) 20:39:52|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大型ヤッコ水槽薬浴

ちょっとアズファーがやばそうな感じです。
白点も出ているようです。
体に白点は付いていませんが、今日から痒がりだし水槽の隅からあまり動かなくなりました。

やはり、体の傷が気になります。
喧嘩による傷のような感じではなく、肉がえぐれて2mmほど陥没しています。
その周りは腫れているのか、ぼっこり盛り上がってます・・・。
物凄く痛々しいです。
いったい何なんでしょうか??

穴あき病というのがあったのを思い出し、ネットで調べてみましたが、淡水魚の病気??
しかもどうやら血がにじむようですので、これは当てはまらない?

兎に角、傷口がすごいので薬浴しなければなりません。
水槽から取り出して単独での薬浴も考えましたが、白点が出ていることから水槽自体が病んでいるということ。
水槽ごと薬浴することにしました。

で、比重を調べたところ1.016でした。。。
60cm水槽から移行した後、比重を戻すのを忘れてました・・・。
この状態で、また白点が出たということは、低比重に強い白点が表れたのでしょうか・・・。

兎に角何かをしなければならないため、まずは比重を1.012まで下げました。
簡易比重計なので怖くてこれ以上下げられませんでした。
そして薬ですが、GFGを規定量の半分強。
メチレンブルーを規定量の1/4入れました。

水が物凄い色です。
薬浴後、アデ、アズファーともに餌食いがかなり落ちてます。
ただの薬のショックだといいのですが・・・。
正直、アズファーはかなりまずいんじゃないかと思っています・・・・。

063.jpg
  1. 2007/11/11(日) 20:32:41|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

心配事

心配の種はアズファー。

ここのところアズファーが肌荒れ状態です。
肌荒れと言うか、何か埃が付いているような感じ。。
黒っぽい体ですので、良く目立ちます。。。
何か良くないことの前兆ではないかと少し心配してます。

白点になったときのように激しく痒がったりはしてませんが、たまに痒がったり、スカンクのそばを離れずクリーニングの催促をしたりしてます。
餌は良く食べてますので「それほど気にしなくてもそのうち直るかな?」と思いつつも、ずっと気になってました。

で、ある方のBlogを読み直していると、アズファーで似たような症状になっている記事を見かけました。
それを呼んでみると、どうも「トリコディナ病」なのかもしれません。
でも私の経験したトリコディナ病とはちょっと違う感じ。

海水魚を再開したてのときに1度だけクマノミを飼って「トリコディナ病」になってしまいました。
この時は、ゼリー状の膜のようなものが体に付いたのですが、その時とは感じが違います。

トリコディナ病は淡水浴で直るそうです。
淡水浴はいつでも出来るし、もうしばらく様子を見ようとおもってました。

ですがおとといの夜のこと、体に大きな傷を発見。
その日はくたびれてよく観察しなかったのですが、昨日の夜にじっくり見ると、5mm四方ぐらい穴が開いてその部分がすごく腫れてます・・・。

何か腫瘍のような感じです。
一体なんだろう??

アズファーは調子が良いときはスレッドを広げて体を大きく見せているような気がします。
でも調子が悪いと、画像のように体を小さく見せます。
今日は少し餌食いが悪いし、明日トリタンに移すことにします。
アズファー、、君、体弱すぎるよ・・・。

61.jpg

  1. 2007/11/10(土) 23:39:03|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クイーン最高!

いや~フレディー最高だね~。
と、一昨日届いたQueenのモントリオールのライブDVDのことではありません(笑)

我が家に来た2代目クイーン。
非常~に良いです!!
餌爆食いで元気一杯ですし、トリタン卒業!と言いたかったところですが、白点出ました・・・。

本当は木曜日の時点で、卒業していただく予定でした。
何故延期したかと言うと、火曜日の朝、薄暗いトリタンの中覗いてみると、何か鰭に一杯ついとる・・・。
「うぇ~白点か~」と思ったのですが、白点とは違うようにみえます。
リムフォか?
胸鰭と尾鰭に沢山付いてます。
お店で10日間トリートメントされてることだし、調子も良く餌も良く食べているので、早めに本水槽に投入すべく、火曜の夜から少し比重を戻す作業をはじめました。
くたびれていたので少々、荒っぽく作業しすぎたと反省しとりました。

ですが、その日の夜、仕事から戻って水槽を覗いてみると、綺麗さっぱりなくなってる???
そんなことあるのか???
何にしろ、取りあえずほっと一安心。
正直その日は家に帰るまで「全身リムフォだらけになってはしないだろうか?」と酷く心配してましたから(笑)

で翌朝またまた薄暗い中、一人だけ早起きのクイーンを覗くと、前日ほどではないですがまた付いてる。。。
リムフォがこんなパターンで付いたり消えたりするのは聞いたことがありません。
「やっぱり白点か?」とじっと観察するも、やっぱり少し違うような??
案の定、その日の晩も綺麗さっぱり消えてました。
全く痒がっている様子も無く、白点ではないように思いますが、やはり付いたり消えたりのパターンが気になります。
という事で、慌てる必要も無いですし(早く本水槽で泳がせたいですけど 笑)もう少し様子を見ることに。

で今朝、今度はちゃんとコンタクトして(笑)じっくり見てみると、やっぱり白点でした・・・・。
体にも1点だけでしたが、ポツッと付いてました・・・。
「またかよ~・・・」って感じ。
白点が出る気配も無いような魚たちが入っているトリタンの比重を戻す作業は、どうも気が緩んで横着しちゃいます。
またしても、比重戻し作業失敗です・・・。

という事で、トリタン卒業は余裕を見て来週末にしようと思っています。
本水槽といえば、マルチにちょっとだけ白点出てます。
白点の完全撲滅は本当に難しいですね・・・・。
あれだけ色々やったのに、白点Freeの期間(そう見えていただけ?)はたったの2週間だけでした・・・。

もう手としては、トリタンで出来るだけ体力つけて白点にかかりにくいようにするしかないですね。
「トリタンは病気が無ければ卒業」と考えていましたが、「出来るだけ餌食わして太らせる」と考えを改めなければならないですね。

幸いクイーンは元気一杯ですので、それほど心配はしておりません。
ですが、サンゴの間を優雅に泳ぐクイーンの姿を見るのは1週間お預けです。
  1. 2007/11/10(土) 23:30:57|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

追加のお二人と、療養中のお一人

餌を食べなかったにもかかわらずつれて帰ってしまったクイーン。
珍しく良いほうに私の感が当たりました。
餌良く食べてます!
しかも爆食いで元気一杯!!

店で食べなかったのは、ただお腹が一杯だったからのようです(爆)
店に10日ほど、輸送期間を含めてずっと食べていなければ、あれだけポッコリしてるはずも無いですから。
一安心です。
徐々に比重を上げて、近々本水槽に投入です!

ボロ雑巾のようになってしまったポッターズ♂と一緒のトリタンに入ってますが、大型ヤッコの威厳?を保っており、近づくと追っ払っています。
ケントロ水槽内の抑止力になって欲しいです。
でもチビなんですよね~。
大丈夫か?

で、そのボロ雑巾のようになってしまったポッターズ♂ですが、精神的ダメージを乗り越え、餌はそれなりに食べてます。
非常に綺麗な個体ですので、是非ともサンゴの中を泳ぎ回って欲しいのですが。。。
鰭が綺麗に直ったら戻してあげようと思っていますが、また同じことが起きるようであれば、大型ヤッコ水槽に入れるしかないです。
この食欲ですと、早めに立ち直ることが出来そうな気がします。

で肝心のシマですが、、、どうすればいいんでしょう(泣)
家に来て、何かを突いていることすら見たことがありません。
よって、餌も全く食べる気なし。
糞すらしてないような気が??

メガバイトG、シュアー、冷凍コペ、冷凍ホワイトシュリンプどれも見向きもしません。
餌が流れてくると、ビビッて逃げ惑ってます・・・・。
話にならないです・・・。

ある程度したら水槽に入れるしかないかもしれません。
そうして、いい結果がでたことはないですが・・・・。

と言うことで、実験的にシマのトリタンにポッターズ♂を入れてみました。
2,3日様子を見てみようと思います。
人間への警戒心が薄れて(散って)餌食べたりしないかな?


  1. 2007/11/06(火) 21:50:03|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

アデ、アズファーその後

アズファーですが少し肌荒れしているようです。
近くで見るとガサガサしているような気がします。
うろこが逆立ってるのかな?
そこまで酷くはないですが。
何かの前兆でないといいのですけど・・・。

それと、随分前からなのですが、口の先が白いです。
はじめ、アズファーはそんなもんだと思っていたのですが、小さなリムフォが付いたり消えたりしているような気がします。
何故そのように思うかというと、一度米粒の半分くらいのリムフォが上唇?に付いていたことがありました。
口に出来たのでかなり焦りましたが、翌日には取れてました。
たまたまかな?

アデ、アズファーの2匹の折り合いですが、大分落ち着きました。
今だアズファー>アデの方程式のままですが、アデはアズファーを極端に怖がらず、アズファーはアデを極端に虐めずといった感じです。
アデの体の傷は耐えませんので、そこそこはやり合っているかもしれません。
しかし、こいつらは人間に中々慣れません。
アデは1ヶ月半、アズファーは2週間。
もうちょっと慣れてくれても良いとは思うのですが。。。

90cmと広くなって快適と思いきや、意外と岩組みの中にいてモゾモゾしたりしてます。
悠然と泳いで欲しいんですけどね~。

餌食いはすごいですし、ある程度は安心できますが。
大型ヤッコ水槽は、2匹のヤッコ、ハナゴイたちが、とにかく滅茶苦茶餌を食べますので、水質には気をつけなければなりません。
問題はここにチョウチョウを入れて、餌にありつけるかどうか・・・。
とにかくアカネの食欲は凄すぎます。。

  1. 2007/11/05(月) 22:03:46|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

やっちまった

昨日、朝早くから水槽移行作業をして、醜いポッターズの闘争を目撃。
今のケントロ水槽は、

ポッターズ♂(5.5cm)
ポッターズ♀(5.5cm)
フレームA(4cm)
マルチ(3.5cm)全く見かけないし既に☆のような・・・。
ロイヤルグラマ(4cm)
フタイロカエルウオ(4cm)
ホンソメ(4cm)

とチビばっかです。
トリタン生活前はバランスが取れていたんです。
「あの時とメンバーで何が足りない?」
「もしかしてクイーン?」
「先々週、馴染みの店に入荷してたな?」
で、持ち帰りました(馬鹿)

60.jpg


お店には4匹いました。
お店に入荷して10日ほどたっているため、トリートメントはすんでいるはず。
沢山餌を食べてなければいけないはずです。
ですが、一番気に入った前に飼ったのとそっくりで一番のチビの餌食いがあまりよくない。
散々悩んだ挙句、結局その餌食いの悪いチビを持ち帰りました。

10日なにも食べていない割には、お腹はポッコリしているし「何かは食べているはず」と言い聞かして(笑)
社長も「大丈夫だよ」と言ってるし。
理由付けは簡単です(爆)

ところでパワーバランスの件は?
ちっさすぎるやんけ・・・。
連れ帰ったのはポッターズと体格かわらずです(馬鹿・・・)

「何やってんだか」と思いつつ、トミーさんの餌の件を思い出し、近所のペットショップにメガバイトGのSを買いに行くことに。
で、いかんもんを見てしまいました。
もう水槽に釘付け。

普段、その店で生体を買ったりしません。
何せ高いし、ペットショップなので在り来たりの種類ばかり。
でも、我慢できずに結局つれて帰ってしまいました・・・。
その子は・・・・、

59.jpg


飼う自信が全くないと言ったばかりのお魚ちゃんです。
その子はインドキンギョ、キイロハギ、チョウチョウと一緒にいれらちゃったりしてました。

人がいても逃げるような素振りは無し。
チョウチョウやキイロハギにクリーニング行動をしてます??
目はキョロキョロ。
たまに底をつついてます。
大きさは6.5cm位。
体の厚みはある。
家に来ても一番大きいので、今なら入れられるのでは?

都合のいい、良いことばかり考えのお持ち帰りでした(笑)
まずはトリタンに入れて様子見ですが、案の定餌は全く食べそうな様子はありません・・・。
それが現実か・・・・。
何とかして餌付けたいです。
コペからはじめます・・・・。

  1. 2007/11/04(日) 09:47:07|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今後の大型ヤッコ水槽は

60cmから90cmへと移行した大型ヤッコ水槽。
今回、見た目を気にして、あまっていたサンゴ砂をひいてしまいました。
砂に潜るツユベラがいることだし、やめといたほうが良かったかな?
病気が頻繁に出るようでしたら、いずれ撤去しようと思っています。
見てのとおり、かなり広々していて「まだ魚入れられるぞ~」と興奮しちゃったりしてます(アホ)

で、何を追加するか考えると、王道?ではまた大型ヤッコ。
クイーンはチビを買ってケントロ水槽に入れると決めてます。
クリスルスは好きなのですが、成魚模様になるのはかなり大きくなってからみたいなので、少し熱が冷めました(笑)
タテキン(ウズマキ)と言うのもありとは思いますが、いつでもいけるし慌てることも無い(笑)

ということで、ここまでのめり込むきっかけになったお魚さんに再トライしようかなと思っています。
そのきっかけになった魚はチョウチョウウオです。

立ち上げて2~3週間位たったときにチビのトゲチョウを2匹つれて帰りました。
このころ全くの無知だったわけで(無知でなければかってきませんよね・・・ 笑)、案の定、白点でまくりリムフォでまくり、なかなか餌食べないと、トラブル続き。
結局3週間ほどで☆にしてしまいました。

何とかしてやりたくて、いろいろネットで調べまくったり本読んだりと、大分知識が付いたのも、このときがあったからだと思います。
そして今家にある大量の薬もこの間に買ったものだったりします(笑)

そろそろ再トライしようかな?と思い始めていたとき、サンゴを買い始めていました。
「チョウチョウ=サンゴ×」って知らなかったんです(笑)
たまたま読んだ本に、そのことが書いてあるのを見て「え~入れられないじゃん・・・」とショックを受けたりしました(笑)

と、ずっと飼えませんでしたが、今の大型ヤッコ水槽なら入れられるのではと。
正直、チョウチョウはかなり好きです。
でもですね、、、「いいな~」と思う買いやすい値段のチョウチョウは皆ポリプ食だったりします。

ウミズキチョウしかり、ハナグロチョウしかり、ミスジチョウしかり、オウギチョウしかり、ハクテンカタギしかり。。。
雑食のセグロチョウやアミメチョウ、フエヤッコなども好きなので、それでも十分なのですが、「どうせなら」と思うチョウチョウ達がいます。

レッドバックB/F、オレンジフェイスB/F、ホワイトフェイスB/F等々。
紅海産のチョウチョウは非常にきれいでよね~。
でもですね、実際に売ってるの見たことありません。
アズファー買った時に聞きましたが、最近紅海産の魚はあまり入ってこないそうです。

まだ妄想に近いので、今すぐ目の前に現れてくれなくてもいいですが(笑)
今後「あ~しよう、こ~しよう」と考えるのが、かなり楽しみだったりします(^○^)
  1. 2007/11/03(土) 21:48:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お引越し

白点騒ぎで延期していた、魚たちのお引越し。
ケントロのチビ達の白点は3日で収束。

アズファーは最初の3日間かなり白点の量も多く、常に体を縮めて身震いをしている状態でかなり焦りました。
3日間経っても効果が無いため、他の魚たちへの影響も考え、アズファーだけそろそろトリタンに移そうと思っていました。
ですが、4日目に一気に数が減り、5日以降は全くなくなりました。
水曜日の時点で全ての魚達から白点は消えました。

ケントロたちは前回比重を戻す際に白点が再発しましたので、慎重を期して点適法で少しずつ戻していきました。
やっとやっと、本水槽に魚たちが戻ってきました。

ですが、、、、ポッタズの♂♀が入れた直後から、激しく喧嘩・・・。
数時間で♂がぼろ雑巾のようになってしまいました・・・。
網で簡単にすくえるほどのダメージ。
トリタン生活の前は、♂のほうが強かったのですが完全に逆転です。
しかも♀の攻撃のしつこいことしつこいこと・・・。

トリタン生活の前は♂のほうが大きかったのですが、3週間で成長したのか♂と♀同じ体格になってました(@_@)
兎に角、このままではまずいので♂は隔離ケースに入れました。

そして、マルチの様子が変です・・・・。
フレームの虐めのような気がします。。。
前に一緒に暮らしていたときは比較的ケントロ達の折り合いはついていたのですが・・・。
広々した水槽にちっこいケントロ4匹ではパワーバランスが悪いかもしれません・・・。

そして大型ヤッコ水槽のアデ、アズファーとハナゴイ達とスズメ3匹にツユベラ。
この子達は今の水槽で比重を戻さず、新規に立ち上げた90cm水槽で徐々に比重を上げていくことにします。
ということで、新90cm水槽の比重を1.013にしてポチャン。

と思ったのですが、事故が起こってしまいました・・・。
まずは過去形。
全く気づかなかったのですが、アカネの干からびた亡骸を発見。。
1日か2日ほどたったような感じです。
今まで運よく一度も無かった飛び出し事故ですが、ついに初体験してしまいました・・・。

そして、プラケースで魚をすくっていた時の事です。
アカネ1匹が最後だったのですが、元気がいい。
なかなか捕まえられなかったその時、「カコッ」といい音。

その後、アカネはピクリとも動きませんでした・・・。
マグロは壁に激突して死ぬと聞いたことがありますが、同じことが起こりました・・・。
自分でプラケースに突っ込んできて、死んでしまいました・・・。
網ですくって傷付くのが嫌でプラケースを普段から使うのですが、こんなことになるとは・・・。
アカネが2匹減ってしまいました・・・。

と、犠牲者が出てしまいましたが作業は終了。
作業ついでにクーラーも撤去しました。
皆さん、うまくやって欲しいです・・・。

57.jpg

  1. 2007/11/03(土) 21:10:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。