はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チェルブが☆

今朝、体が白く色抜けして虫の息でした。
白点にかかった様子も無く、前日まで餌を良く食べていたので、まったく原因がわかりません。
家にいる一番のチビ(3cm)でしたが、フレームの虐めも全く意に介さず、元気に餌を食べていたのですが・・・。
そのフレームとは違うトリタンに入れていたので、ストレスではないと思います。

家に来て2ヶ月。
白点にかかった様子は一度も無かったのですが、1匹だけ残すわけには行かず、長い間トリタン生活。
4週間とちょっとという長い間です。

ストレスは無いと思うといっても、狭いトリタンの中ポッターズ♂と一緒でした。
ポッターズ♂は全くちょっかいを出すようなことはありませんでしたが、体格も全然違いますし多少なりともストレスがあったのかも。
先週末、広い本水槽に戻していれば、☆になってなかったかもしれません。
トリタンの中で死なれちゃうとショックですね。
残念です。

「アズファーの白点が大分減ったのと、ポッターズ♂の餌付けがやっと完了した」と、うれしいこともありましたが、マルチを横から見たところ白点が付いてました。
体が白いので非常に見つけにくいです。
元気満々で物凄く餌は食べますが、チェルブの件もありますし心配です。
早く直して少しでもストレスの少ない本水槽に入れてあげたいです。

現在の2つのトリタンは
・ポッターズ♀、フレームA、マルチ、ロイヤルグラマ
・ポッターズ♂、フタイロカエルウオ、ホンソメ、(チェルブ)
と分けています。

マルチがフレームA、ポッターズ♂と折り合いが悪く、どちらのトリタンに入れても駄目なので、ケースに入れています。
「白点にかかっているかな?」と思うのが、フレームAとマルチ。
「フレームAは気持ち鰭が濁ってるかな?」といった程度。
「他の子達は問題ないように見えるので本水槽に戻しても良いかな?」とも思うのですが、「せっかくトリートメントしてるんだし全部確実に直ったように見えたら」とも思います。
非常に悩むところです。

と、ほんとうまく行かないです。。。

56.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/10/30(火) 21:59:53|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

もう散々・・・

今週末、トリタンのケントロ達は水槽に戻し、60cm水槽の大型ヤッコ、ハナゴイ達は新規に立ち上げた、90cm水槽に移動の予定でした。
ですが、昨日の夜水槽を覗くとアズファーが塩鮭のようになってる・・・。
白点です。。。
何で急に??

慌てて比重を1.013まで下げGFGを投入。
60cm水槽のまま、治療生活となりました。
ほかの魚たちは特に異常は見られませんでしたが、アズファーがあれだけ白点が出ているのを考えると、残りの魚たちだけ移動するのは得策ではないので、一緒に薬浴です。

翌朝、トリタンの魚達だけでも本水槽に戻そうと思ったのですが、なんと・・・。
マルチの尾びれが濁ってます・・・。
もうひとつのトリタンのフレームまで。。。
2つのトリタンと、60cm水槽全滅です・・・。
トリタンは本水槽に戻すため、比重を少しずつ上げていましたが、また比重を落としGFG投入です。

今朝のアズファーは白点は落ちていたのですが、夜になってまた塩鮭になりました。
何やってもびくともしないと思っていたアデにも少ないですがポツポツと・・・。
まだ、アンモニアが出ているような状態の中でもびくともしなかった子なんですが・・・。

何でこうなるんでしょうか・・・。
60cm水槽のほうは、かなり餌をあげてましたので、もしかしたら水質が悪かったのかもしれません。
でもトリタンのほうは原因が見つかりません。
完全に白点が体から抜けるということは無いという事なのでしょうか?・・。

正直こんな感じでは、全く自信が持てません・・・。
どうすればいいんだろう??

少なくとも1週間は正常な状態への復帰は延期です。。
疲れる・・・。

55.jpg

  1. 2007/10/27(土) 22:18:15|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ポッターズ♂その後

餌を食べてくれない、ポッターズ♂のその後です。
結果から言うと、一応は食べてます。
ですが、一応です。。。

何故一応かというと、水面に浮かんでいる餌を食べに着たり、落ちてくる餌に反応して食べたりはしません。
落ちてくる餌は一応見にはきますが、口に入れたりはしません(笑)
かなりの時間をかけて、下に落ちている餌をたまについばんだりして最終的には完食はしています。
ただ、粉みたいな小さな餌は素直に食べますが、少しでも大きいと口に入れては出しを繰り返し、最後には食べるといった具合です。

この状態では餌付いたとは言えず、水槽に放ったらまた餌は見向きもしないのではないでしょうか?
店で餌を食べていても、水槽に入れると見向きもしないというパターンはこういうことだったのですかね?

水を汚したくないため、良く本に書いているように「5分くらいで食べきれる量」といった感じで、出来るだけ餌は少なくしています。
底に出来るだけ落とさない程度の餌の量です。
私がよく餓死させてしまうのは、これがいけないんでしょうか??
普通餌付いてなければ、多めにあげますよね・・・。
今はトリタンですので、多めに餌をあげてます。
30分位したらなくなっているといった感じです。

今週末で、水槽に魚を入れられる状態になるのですが、ちゃんと餌付いてから放すべきかどうか悩んでおります。
せめて目の前に落ちてくる餌は食べるようになって欲しいのですが・・・。

54.jpg

  1. 2007/10/23(火) 22:17:20|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

パープルクイーンその後

パープルクイーンを迎え入れてから、5週間ほどになります。

人口餌を食べてくれなかったパープルクイーンですが3週間ほどは6匹全て健在でした。
ですが、一番小さい子がその後に☆。

その後、60cm水槽にアデが入ったこともあり、水質悪化を避けるべく冷凍コペボーダの投入をやめました。
シュアーSをスポイトで流してましたが、なんとなく食べているような気がする子もいました。
ということで、様子を見ていたのですが、ある日1匹だけ下のほうに。

良く見てみると、腹がベッコリ凹んでます・・・。
あわててブラインシュリンプを孵化させたのですが、時遅し。
☆になってしまいました。

残り4匹となってしまった時点で、アカネハナゴイを同じ水槽に移動してきました。
餌はシュアーSをスポイトで流しているのですが、狂ったように食べるアカネハナゴイに混じって、1匹一緒になって食べてるではないですか!!!
しかも、結構な勢いで食べてるんですけど?!
いつの間に?
ちょっと感動しました。

ですが、残り3匹はそ知らぬ顔・・・。
「1匹が食べだすと、他もつられて食べだす」という記述をどこかで見たような気がして期待したのですが・・・。
結局その後1匹☆になり、先週末に2匹☆になりと、餌を食べてる子以外皆☆になりました。
おなかがベッコリ凹み、動きたくないのかパワーヘッドの上にいつもいました。
かわいそうですが、どうしようもありませんでした。

残る1匹は餌を食べる気は満々なのですが、アカネハナゴイ+ツユベラの勢いにおされ気味で沢山は食べられないようで、痩せ気味です。
腹は凹んではいませんが。
1匹だけになってしまいましたが、何とか元気にやって欲しいです。

パープルクイーン、、私には荷が重過ぎました。
お店で「これだけ綺麗で安いということは、何か欠けてるものがある。パープルクイーンは餌付かせるのが非常に難しいからです」といっていたのを身をもって体験しました・・・。

52.jpg

  1. 2007/10/22(月) 21:54:57|
  2. 海水魚(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

逆転

体調劇悪にてぼっと水槽眺めております。
で、ボコボコにされたアズファーですが、今朝は様子が違います?

昨日は兎に角ビビリまくっていたのですが、今朝はアデの寝床の穴の前を悠然と通り過ぎます??
しかもたまに穴にしりびれ突っ込んでバタバタしてます(@_@)

で、しばらくするとアデが穴から追っ払われました(@_@)(@_@)
何で??
しかもよく見るとアデの体は傷だらけです(-_-)
昨日の今日で何で??
完全に立場が逆転しました。
アデはビビリまくって、餌も食べません・・・。
アズファーが動くと逃げ惑ってます(-_-)

90cm水槽は置く所無くて、友達のところに預けていて今日受け取ります。
90cmに拡張してどうなることか。
体調悪いので、今日は出来そうもありませんが・・・。

しかし、大型ヤッコ2匹ってバランス悪い気がするのですけど??

50.jpg


51.jpg

  1. 2007/10/21(日) 11:54:29|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

溶ける・・・

アワサンゴとハナガサが時を同じくして溶け出しました。
もう復帰できる見込みが無く取り出しました。
原因として、白点対策で28℃にしてるからでしょうか?
アワサンゴはかなり気に入っていたのでショックです・・・。

48.jpg


49.jpg

  1. 2007/10/21(日) 11:44:08|
  2. サンゴ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アズファー

今週の頭に馴染みの店にアズファーが入荷したので、週末が楽しみでした(笑)
風邪を引いてかなり体調悪いのに、ほいほい店に行くなんて、ほんと馬鹿です・・・(笑)
で、やっぱりと言うか当然と言うか、帰りには袋ぶら下げてました(笑)

HPには8~8.5cmと書いてあり、サイズ的には「少し大きすぎるかな?」と思ったのですが、実際は家のアデより少し大きいくらいでした。
アデより大きいので少し気になって聞いてみたところ「絶対にアデのほうが強いです」と言います。
「え~~~あのビビリ屋が~~」と言った感じ。
アデは体に厚みがあるので、全然強いとのこと。

家に帰って十分に水あわせ後に投入したのですが・・・・。
アデが狂ったようにアズファーを追い掛け回します・・・・。
異常なほどです。
少し様子を見ましたが、全く治まる気配は無く逆に酷くなってる・・・。
流石にスレッドに噛み付いて引きずっているのを見て、「これは隔離せんとまずい」と言う感じ。

体調は悪いのですが、急がなければまずい状況なので100円ショップまで行って、水槽を区切るようなものを物色。
あまりよさそうなものが無かったのですが、食器の水切り?を買ってきて余分な部分を切断し隔離部屋を作り、アデを誘導。

ほっと一安心して1時間ほどして水槽を見ると、またアデがアズファーを追っかけまわしてる・・・。
どこから逃げたの???

もう、買出しに行く体力が残っていないため、苦肉の策で水槽内のデスブロックの向きを変えたり配置を変えたりしたところ、あら不思議。
少なくとも追い掛け回すことはしなくなりました。

アズファーはひれがぼろぼろになり、しりびれにはっきりとわかるほど血がにじんでます・・・。
それに、ビビリまくって岩の裏から出てきませんので、画像もなしです。

大型ヤッコの闘争がここまで酷いとは・・・。
しかし、なんとなく予想していたので、あまっている90cm規格水槽を立ち上げるべく水槽台を注文しておりました。
夕方に到着し、今しがた組み立て終わりました。

スレッドのある魚って優雅ですね。
広くなった水槽で、仲良くやってほしいです。
というか、あの凄まじいアデの攻撃を見てると、仲良くなる気はしませんが・・・。
どうすればいいんだろう・・・。


  1. 2007/10/20(土) 23:56:06|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

ベルリン90

サンプをすっきりさせた理由は、スキマーを安く落札できちゃったので、場所を空ける理由もありました。
ベルリン90です。
で、やっとつないでみたのですが、泡があがってきません・・・。

推奨ポンプは毎時 2000L 以上・揚程 3m 以上のポンプとなっており、Rio2500などとなってますが、家に転がっていたのがRio2100。
一応、37l/mだから流量はクリア。
揚程が220cmで全然足りませんが、Rio2500は230cmなので、大して変わらず。
ですのでRio2100で十分かと思ったのですが・・・。

家は50Hz地域なので、Rio2500を買っても危ないかも(60Hzだと285cm)
ポンプ買うのやだな~。
そもそもどのポンプがいいんでしょう??

43.jpg

  1. 2007/10/19(金) 21:51:57|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルチカラーエンゼル

クイーンも逝き、レモピも逝き、外せない黄色い魚がいなくなってしまいました。
しかも都合のいいことに、リセットした日、水温が上がるまでにかなりの時間がかかり、お店に行く時間が十分ある(馬鹿 笑)
ということで、フラ~となじみの店に行ってしまいました・・・。

大好きなクイーン、ロックビューティもいれば、レモピもいます。
しかしクイーンはチビ過ぎてまったく自信なし。
ロックは逆にでかすぎ。
レモピはピンとこない。
なんて思ってたところ、何故かマルチカラーに目が行ってしまいました・・・。

マルチは「物凄く綺麗ってわけでもないのに高すぎ」と思っており、興味ありませんでした。
「マルチって何で高いんでしょうね?」と聞いてみたところ、「入荷が少ないということもあるが、とにかく丈夫」とのこと。
何と、ど下手な私が唯一安心して飼えると思っているフレームより丈夫ということ。
「値段が高い魚は、入荷が少なくて綺麗で丈夫」とのことで、安い魚はそのどれかがかけているとのことです。
私のいつかは飼いたい憧れのココスもめちゃくちゃ丈夫だそうです。

なんて話しているうちに、よせば良いのに餌をあげてしまいました。
お店には2~3週間前にバカバカ入荷があって、10匹近くいて選び放題の状況(笑)
その中の一番チビが、口に入らない大きさの餌を狂ったように突いてます(笑)

餌付けのテクニックが0の私は、めちゃくちゃ餌食いがいい魚を見ると惚れます(爆)
初の1万円Overのお魚ということで悩みましたが、結局連れて帰ってしまったのが、先週末のこと。

3~3.5cmのチビちゃんです。
家のチェルブより少し大きく、フレームと大体同じくらいのSize。
ちゃんとしたところで泳がせたいですが、来週末までお預けですね。

44.jpg

  1. 2007/10/19(金) 21:29:03|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

変なやつ

へんなやつとはアデヤッコ(笑)
何で、あんなにビビルのでしょうか?(笑)

水槽に顔を近づけると、じっと見つめながら(笑)少しずつ寄ってくるのですが、餌をあげようと少し体を動かすと、ロケットのようにすっ飛んでいきいったん隠れます(笑)
そしてまた様子を伺いながら近づいてきます。
そして餌が水面に落ちる音にビビッてまたすっ飛んで隠れます(笑)
で、餌を食いだしたら人がいようがなんだろうが、狂ったように食べます(^○^)

あげるだけ食べるのでついつい多くあげすぎちゃいます。
もう腹はボッコリです。
ほんとにやばいほどボッコリ。
でも見つめられちゃうとついついあげたくなっちゃうですよね~(^○^)
さすがにあまりにもデブなので少し控えようかと思ってます。
ハナゴイが増えたら、落ちつかなそうな状態になり、少しイライラしている感じでしたが2日ほどで慣れたかな?
ビビリ屋で神経質な、非常にかわいい変なやつです。

胸鰭にカリフラワーが出来てましたが、水質が安定してきたからなのか、一度なくなりました。
ハナゴイを入れて餌の量が多くなり、少し水が汚れているのか、最近同じところにまたできましたが、静観できるレベルです。
この子だけは安心して見てられます(笑)

本当はもう1匹大型ヤッコを入れたいんですけど、どうしましょ?
入れたいのは、パッサー or クリスルス or アズファー。
ほんとはパッサーが一番お気に入りなんですけど、お店の人に「全部殺しちゃうよ」といわれて却下・・。
確かに何処のHP、Blogを見ても凶暴と書いてありますよね・・・。

となるとクリスルスかアズファーなのですが、どっちも捨てがたい。
でも、両方は無理だし。。
値段から言ったらアズファーなのですが、成魚になったときの模様はクリスルスのほうが好きです。
とはいってもアデと同じく、成魚ではなく幼魚を買うので成魚模様になるまでに飼い込むのは大変ですけど(笑)

でも、追加することによってアデが調子を落とすようではいけません。
アデが一番お気に入りですから。
入れてみないとわからないだけに、考えちゃいますね。。。

42.jpg

  1. 2007/10/16(火) 21:47:43|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

我が家の問題児

私にとって、もっとも問題なのは餌を食べてくれない魚たち。
結局、餌を食べてくれなかったクイーンとレモピは病気に勝てませんでした・・・。
しかし耐えた(てる)やつがいます。
というか、病状は非常に軽く結構元気だったりします。
ポッターズ♂です。

ポッターズ♂は通販で購入したのですけど、餌付いているということでしたが、まったく食べません。
一時期、流れてくる餌に興味を持った時期もありましたが、現在はまたシカトです・・・。
よくアクリル面の茶ゴケを突いているのは見かけましたが、人口餌は駄目。
家に来て3週間以上経つのですが、このままで大丈夫なのか?。
って、大丈夫じゃないですね・・・。
トリタンにはコケは生えていないですから・・・。

2週間何も食べないようでは死んでしまうので、何とか餌付かせたいです。
今からでも何とかなるかな??
数日経っても餌を食べる雰囲気が無かったら、アサリからはじめてみようと思います。
綺麗な子だし、何とかしたいです。
もう1匹の♀のポッターズは爆食いなんですけどね~・・・。
いい方法ないでしょうか・・・。

22.jpg

  1. 2007/10/15(月) 21:24:36|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

水槽リセット

前回の2週間放置リセットは効果なく、結局また病気が蔓延。
クイーンが逝ってしまいました。
このままではどうしようもないため、結局リセットすることにしました。

出張から土曜日の遅くに帰ってくるため、作業できるのは日曜の1日のみ。
最初は「炉材は良く洗い、底砂は全て真水で洗浄、水は全交換」と思っていました。
ちょっと1日ではきついかもしれないPlanでしたが、何とかしようと思っていました。

出張先では缶詰でテレビも無ければ、ラジオも無い(笑)
ということで、海水魚関連書物を持ち込んでました(笑)
そこで、海水館さんの機関紙に興味深い記事がありました。
基本的にサンゴと白点にかかりやすい魚たちの飼育は否定されていますが、かなり強引な方法で書いてあったのが、
「40℃5分で白点虫死滅。バクテリアは40℃でも死ぬことは無くむしろ活性化する」という記事。
さらに「底砂、炉材は絶対に触ってはいけない」との記事も。
ということで、あっさり作戦変更(笑)
もちろん、この方法は推奨されてません。

3日ぶりに家に帰って、かなりの犠牲者が出ているかもしれないことを覚悟していましたが、皆が「餌くれ~」と暴れていました(ほっ)
ですが、レモンピールだけ見当たりません。
結局、全てを取り出したときにかすかに背びれだけ残っている骨を見つけました・・・。
餌を食べない魚は病気に勝てませんね・・・。

朝早い時間から作業開始。
中身を全部取り外し、魚たちは1.014の低比重+GFGのトリタンに収容。
水をある程度捨て、湯沸かし器の60℃のお湯に塩を混ぜたもの(そんなことして大丈夫なのか?)を投入。
ですが、31℃ちょっとまでしか水温は上がりませんでした・・・・。
仕方ないので、ヒータをかき集めて200Wを5本投入。
温度が上がるのを待ちます。
とはいっても、10分で0.1~2℃くらいしか上がってきませんのでひたすら待つのみ。

結局40℃まで温度が上がったのは、20時過ぎのことでした・・・。
12:30くらいから暖め始めたので、約7時間半(@_@)
途中「40℃で5分だから、38℃で30分で死なないか?」とも思ったのですが(笑)、忠実に40℃まで待ちました(笑)
かなり暴挙に出たような気はします(笑)
本当にバクテリアは大丈夫なんだろうか??

取りあえず作り置きしていたRO水50リッター分だけお湯(笑)を捨て水の入れ替え。
今度は水温が下がるまで待ちました。
29℃くらいまで下がってきたところで、ライブロックやサンゴたちを戻しました。
終わったのは23時くらい。

かなり無茶をしたような気がしますが、取りあえずサンゴは1日経っても元気です。
アンモニアや亜硝酸が出るか少しの間チェックしたほうが良いかもしれません。
汚すもの(餌や糞)が無いので、わからないかもしれませんが・・・。

「ライブロックやサンゴの土台などに白点が残っている可能性があるので、28℃で2週間空回し」とあったので、また2週間サンゴのみの水槽です。
前の空回しでは26℃でやっていたので、意味が無かったのでしょうか?
それと今回、意味があるかどうかわかりませんが、元の底砂の上に5mmほどサンゴ砂を追加で入れました(蓋作戦 笑)

しかし、数ヶ月毎にリセットしていたら、大変でやってられませんね・・・。
ほんとうまく飼いたいです。

41.jpg


療養中のお魚ちゃんたち。
チビでも餌をちゃんと食べている子たちは元気でいます。
皆痒がっていますが。。。
ちゃんと病気直して、水槽に戻してあげます。

GFGはポッターズがいるということで現在は半分の濃度です。
少しずつ濃度をあげていきます。
狭いところだけど、仲良くやってください(それは無理か・・・)

  1. 2007/10/15(月) 21:21:06|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クイーン永眠

地球の裏側から我が家にやってきたクイーンが☆になりました。
家に帰ったら、フロー管に吸い寄せられてました。
まだ生きてはいましたが、手で捕まえられる状態でした。
エビやヤドカリに食べられる前に水槽から出しました。

我が家に来て18日のことでした。
昨日は早く帰れたので大型ヤッコが食べるという小松菜を買って来たのですが、あげることなく冷蔵庫に眠ってます・・・。
なんとなくそんな気はしていましたが、ショックですね。。。

10日ほど前に一度トリタンに移したのですけど、落ち着きはないし餌も食べないので、「ただでさえ食が細いのにまったく食べるものが無くては」と1日で戻してしまいました。
これは大きな判断ミスだったかもしれません。
いきなり小さなところに入れられたら、それは落ち着かないですよね・・・。
何か駄目ですね・・・。

確かにはじめから元気が無かったので、元々状態はあまりよくなかったのかもしれません。
「入荷したてなので状態はわからない」と言われていたにもかかわらず、つれて帰ったわけですからそんなこといってられません。
自分で選んで向かいいれたわけですから、何とかしてやりたかったです。

救いといえば、明日職場からそのまま出張に行き3日家を空けるので、ボロボロになった状態で取り出すよりは良かったかなと思います。
時を同じくして、久しぶりにスリバチが満開になったのを見ました。

  1. 2007/10/10(水) 21:02:38|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

クイーン近況

クイーンが家に来て17日ほど。
ずっと餌を食べてくれませんでしたが、10日ほど前からやっと少し食べてくれるようになりました。
食べるといっても本当にちょろっとです。

チビたちが多いため、ヤッコ水槽もシュアSをスポイトであげているのですが、スポイトを入れると寄ってきます。
で、餌を流してあげるのですが、粉みたいなちっさなのは食べますが、少し大きな塊は突っつきますが食べて(れ?)ません。
シュアーRやクリルは全然食べられません。
植物系が良いのかと思い、メガバイトグリーンを小さく砕いてあげてもみましたが食べません。
クイーンってこんなに小食なのでしょうか??
幼魚といっても6~7cmくらいはあると思うのですが・・・。

大型ヤッコは体が小さくても狂ったように食べるというイメージなのですが。
お店で見た、フレンチの3,4cmの幼魚の食欲にはびっくりしました(笑)

とにかく活発ではなく、いつもユラ~ユラ~と泳いでます。
隠れて出てこないって事はありません。
元気がないのは、やはり白点のせいなのでしょうかね・・・。
でも尾鰭が濁らなかった最初の1週間くらいもまったく同じような感じでしたが??

白点が体表に見られるようになって1週間くらいたちます。
ただ、かゆそうな素振りはほとんど見せてません。
今朝、体についている白点を確認したのですが、ちょうどホンソメが近づいたと思ったら、、パクパク全部食べました(@_@)
となると、確認できた以上に、白点が付いているのでしょうか・・・。
最近、水槽に手を入れると寄ってきて突っつきます。
あまりにもかわいく、非常に愛着がわきました(笑)

ですが、正直長くないような気がします・・・・・・。
ここ2日ほど、ただでさえ食が細いのにほとんど食べてる気配がありません。
餌やりの際、寄ってはくるんですけど。
色々な餌を買ってきたのですが、駄目です・・・。
特に痩せた感じもないんですけどね。

どうもスリバチがお気に入りらしく、良く突いてます。
それと、何本かあるトサカでも何故かアカバナトサカだけ、たまにむしりとるようにかじってます。

スリバチはポリプを出さなくなり、アカバナトサカは縮んだままになってしまいました。
どちらもお気に入りのサンゴですが、目をつぶってます。
お願いだから元気になってほしいです・・・。

で、今日久しぶりに明かりがついている時間に帰ったら、10日ぶりくらいにスリバチのポリプが開いてました。
嫌な予感がしたのですが、案の定調子が悪そうで、ライブロックの影から出てきません。
駄目かな・・・・・。

毎日、家に帰って暗い水槽を覗き「死んでないかな?」と確認するのは、悲しすぎますね。。

21.jpg

  1. 2007/10/09(火) 20:53:26|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

崩壊→プチリセットその後

崩壊してほぼ全滅してから、1ヶ月半ほど立ちました。
正直、あまり良いとはいえません・・・。
というか、日増しに悪くなっているような・・・。
良かったのは最初の2週間くらいだけでしょうか・・・。

プチリセットといっても、水槽から唯一生き残ったホンソメを取り出して、2週間空回ししただけです。
少なくとも水中を浮遊している、白点病の原因虫はほぼいなくなったと思われる状態で、追加した魚たちも白点がないのを確認して水槽に投入しました。

ですが、2週間ほど経って尾びれが微妙に濁っている魚がちらほら・・・。
正直、かなりため息つきました・・・。

濁りが見られた魚 : クイーン、フレームA、ロイヤルグラマ
体表に白点が確認できた魚 : クイーン、ロイヤルグラマ
ロイヤルグラマは頻繁に痒がってますが、その他の魚はまったくそのような素振りを見せないか、たまに痒がっている程度です。

酷くなったのは、アカネハナダイを取り出すためにライブロックを全て取り出したりした日。
「やっちまったか・・」と思いましたが、そんなに早く体表に現れるはずがないので、たまたまかもしれません。
作業中はポンプを止めていたのですが、水温変化もほとんどなかったとは思うのですが・・・。
季節の変わり目に出やすいと見たことがある気がしますので、水温変化が大きくて調子を落としてる?
温度計を見る限りでは、温度の上下動は2℃くらいです。

あと考えられるのは、殺菌灯のタイマーの設定を間違え、1週間ほど点灯時間がかなり短くなってたから、これも原因でしょうか(正直殺菌灯が白点に効果があるとは思ってませんが・・・)
白点が見られるとかなり凹みますが、本当に白点だけならトリートメントさえできれば、かなり直せそうな自信は付きました。
しかし「ただし」がつきます。
「いけるな」と思っている方法は低比重+GFG。
それに加え、トリタンにろ過がないので水飼え法も。

ですので、全部の魚を取り出さなければならないということになります。
何故全部の魚取り出さなければならないかというと、酷い魚だけ取り出して治療しても、戻したらまた再発すると思うからです。
ですから全部魚を取り出して、水槽内に白点虫が繁殖するサイクルを絶って、「極力白点虫を水槽から減らしてからではないと意味がないのでは?」と思ってます(とはいっても、今回駄目になりましたが・・・)

治療する

戻して直ぐに再発

治療する

を繰り返しては、体力を消耗してしまい、かえって魚によくない気がします。

それとポッターズ。
この魚は極端に薬に弱いような気がします。
薬を入れると、色が落ち、明らかに様子がおかしくなり、落ち着きがなくなります。
ポッターズは水飼え法+低比重で対処するしかないような気がしてます。

今のところ、前のようにバタバタ死んでいくような感じはありません。
正直どうしようか悩んでます。
無策のままいくか、魚を取り出して治療するか。
今週末は出張なので、何かできるとしても来週末。
お願いだから、犠牲者なく落ち着いてくれ・・・。
  1. 2007/10/09(火) 20:47:04|
  2. 病気
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンプの配管

本水槽のサンプは、90cm水槽と一緒の頂き物。
90cm水槽にはOver Spec.じゃないかと思われるでかいものです。
水槽台を一度ばらして無理やり押し込んだので、水槽台の蓋が付けられない状態です。
で、その状態がこれ。

39.jpg


サンプの上に殺菌灯が鎮座しており見苦しいし、いろいろと不便があります。
それにあるものを買ってしまい、このままではよろしくないので、配管をしなおすことにしました。
何とか右脇に殺菌灯をねじ込んで、サンプ上部をすっきりさせました。
でもはっきり言って失敗作です・・・。

40.jpg

  1. 2007/10/07(日) 21:19:28|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

我が家の魚たちの紹介(13)

ツユベラ

ベラって綺麗な魚が多いですよね。
その割にはお値段は安い!
子供のころ親父の田舎の愛媛で釣りをしたことがありますが、今思えば観賞魚にできるような緑系の綺麗な模様のベラが沢山つれた記憶があります。

ということで、家の水槽にも1匹入れてみました。
ツユベラです。
幼魚はあまり綺麗とは思いませんが、成魚の模様は非常に綺麗ですよね。
という事で、成魚模様になりかかっている子をもらってきました。
砂を掘り返されると困るので、60cm水槽に入れました。
たまに潜りたくて仕方ない仕草を見せます。
砂なくてすまん。

最大で40cm近くなるそうで、本当に40cmになられたら非常に困りますね(笑)
餌はそれほど大食いではないので、なるにしても随分先のことですね。
長生きさせて、そんな贅沢な悩みをしてみたいです(笑)

35.jpg

  1. 2007/10/07(日) 08:42:57|
  2. 海水魚(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アカネハナゴイの引越し

ヤッコ水槽に投入したアカネハナゴイですが、とにかくものすごい餌の食いっぷりで、ヤッコたちが圧倒されてました。
仕方なく、先日サンゴ、ライブロック全て取り出し、何とか捕獲して60cm水槽に移動しました。
正直、水槽をいじりたくなかったのですが・・・。
慎重に作業してもある程度、巻き上げてしまうので・・・(案の定その後少しトラブルが・・・)

で、お引越ししたアカネハナゴイですが、いたって元気です。
って言うか、元気良すぎ・・・。
デスロックの水槽だと、、、悪くはないですけどなんか寂しいですね。
もっと本水槽がもっとでかければ(特に高さがあれば)、そのままでも良かったのですけど、あまりにもゴチャゴチャしすぎました。

同居人(魚)のアデヤッコはというと、少しうっとうしいような素振りです。
引っ込んでいる時間がかなり長くなりました・・・。
これで、アデが調子を落とすようでしたら、ハナゴイは里子に出すしかないですね・・・。
アデはでかいくせに何で小心者なんでしょう??
次から次へと問題が起こります。


初公開の60cm水槽全景
一応90cmのガラス水槽を持っているのですけど、置くところがなくて60cmです。
やっと、アンモニアが検出されなくなりました。

38.jpg

  1. 2007/10/06(土) 22:08:20|
  2. 海水魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

我が家の魚たちの紹介(12)

ホンソメワケベラ

言わずと知れたクリーナーフィッシュです。
自然界の話で、ホンソメの数が減ったらそこに住むほかの魚も減ったそうです。
という事で、水槽には欠かせない魚です。

とにかく常に泳ぎ回り、餌をあげる時はいつも一番乗りです(笑)
そのくせ一番の早寝です。
少し暗くなると、もう出てきません(笑)

水槽が崩壊したとき、水槽の魚を0にするために、トリタンで2週間過ごしたのですが、この魚は寝るときゼリーのような膜の中で寝てるんですね。
他の魚が全て死んでも生き残ることができたのは、そのせいもあるのでしょうか?

以前、ホンソメは消耗品の魚だと思っていました。
何度買って来ても1~2週間くらいの間で☆になってました。
今いる子は、なじみのお店で選んでもらった子で、崩壊事件で唯一生き残ったツワモノで、我が家で一番長生きしてます(といっても、2ヶ月くらいですが・・ 笑)
状態のいい魚はちゃんと長生きするんですね。
今までは何だったんだ・・・。

気のせいかもしれませんが魚の調子がいい時は、あまりホンソメに寄っていかない気がするので、できるだけ活躍はして欲しくないです(笑)

26.jpg

  1. 2007/10/05(金) 23:00:34|
  2. 海水魚(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

我が家の魚たちの紹介(11)

フタイロカエルウオ

ちょこまか動き回り、なかなか写真を撮らせてくれません(笑)
底物の定番のハゼは砂をハグハグする姿がかわいくて好きなのですが、底砂を巻き上げるため病気が心配で今後飼う事はないと思います。
その代わりとしてつれて帰ったのですが、想像以上に愛嬌があってかわいいです。
底物かと思ったのですが、違うんですね。
ライブロックの間を飛び回ってます。
もう1匹くらい入れたくなりました。
ハゼは2匹入れたことがあるのですが、片方が死ぬまで虐めまくってました・・・。
カエルウオも同じなのでしょうか?

カエルウオとギンポって違うのでしょうか?
ギンポといえば、コケを食べるというイメージなのですが、家の子は人口餌ばかりです(笑)
顔つきは似てるけど違うのかな?

この子は800円ほどでしたが、魚は値段じゃないとつくづく思います。

37.jpg


「チョロチョロ動き回って、定位置」を繰り返してますので、こんな画像しか撮れません(笑)
  1. 2007/10/05(金) 22:58:09|
  2. 海水魚(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家の魚たちの紹介(10)

レモンピール

新たにつれて帰ってきてしまった子です。。
レモンピールにはあまり興味がないといってたのですが・・・。
この子は黄色といってもオレンジがかった黄色で非常に綺麗だったので、思わず(笑)
家の水槽にはポッターズ×2、フレームA、チェルブと既に4匹のケントロがいますので、争いは避けられないと思ったのですが、不思議とまったく平和です。
皆無関心で、レモンピールも無関心。
最初だけかと思いましたが、4日経っても同じです。
以外でした。

で、餌を食べているのを確認してつれて帰りましたが、家に来て食べません。
どうしてなんでしょうね~・・・。
心配しちゃうから早めに食べてくれ。

24.jpg

  1. 2007/10/02(火) 21:02:37|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

馬鹿なことをしてしまった・・・。

先週の金曜日の時点での我が家のタンクは、90cm本水槽、60cm水槽、30cmトリタン。
60cm水槽はパープルクイーンたちの餌付け水槽と化していましたが、十分にバクテリアが繁殖していない状態で、生餌をあげまくり。
まだアンモニアが出ている状態なので、毎日のように20~30リッターの水換え。
そして30cmトリタンはアデヤッコが入っているのですが、濾過槽がないため、これまた毎日のように50%換水。
こんなことを繰り返して、なんと600リッター用の塩が1ヶ月弱でなくなりました(@_@)

さすがにくたびれて、まだパープルクイーンが餌付いていなかったのですが、30cmトリタンをたたみ、アデヤッコを60cm水槽に移しました。
塩を切らしたこともあり、なじみの店に行ったのですが、帰るときに袋をぶら下げてました・・・。
買いに行く際「今日は生体は絶対に買わんぞ!」と誓ったのですけどね・・・。

ここまではまだいいとしましょう。
その上に、何を思ったかアカネハナゴイを本水槽に入れてしまいました。
しかも3匹追加で6匹も。。
そんなこんなで、90cm水槽は全部でハナゴイ入れて15匹。。。
さすがに入れすぎだろ・・・。
もうゴチャゴチャ。

アカネハナゴイは兎に角餌食いがすごいです。
普段は臆病なくせに餌を食べるときは、他を蹴散らしてます(@_@)
やっと餌付いていないクイーンとポッターズ♂が餌に興味を示しだしたのですけど、目の前に流れてきた餌をアカネハナゴイがかっさらっていき、うんざりしたように2匹とも立ち去ります。
何としても、アカネハナゴイは60cm水槽に戻さないと・・・(-_-)

週末、サンゴ、ライブロックを取っ払って、アカネハナゴイを取り出すとします。
なんとなく落ち着いている状態なので、水槽内をあまり触りたくないのですが・・・。
なんでこうも無計画なのでしょうか・・・。

36.jpg


家にいる子たちは皆小さいので、タッパでいうと一番大きいクイーンと大して大きさは変わりません。
それが狂ったように餌を食べるので、他の子達は迷惑しているような・・・。

  1. 2007/10/02(火) 21:00:53|
  2. 海水魚(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。