はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が家の魚たちの紹介(1)

ポッターズ・ピグミー・エンゼル

やっと水槽に魚が入りましたので紹介していこうと思います。
私はポッターズが大好きです。
1代目は3~4cmの小さな個体で、非常に大切にしていたのですが、崩壊騒ぎの第1犠牲者となってしまいました・・・。
私は横浜に住んでいて、行ける範囲の海水魚屋はかなりの数あるのですが、ポッターズはあまり見かけません(最近ちょくちょく見かけるようになったので時期的なもの?)
やっとの思いで見つけた子だったので、かなり凹みました。

で、崩壊してだれもいなくなった日に、ネットでポチッとクリックしてました(馬鹿)
やってきたのはこの子。

12.jpg


前と同じ♀です。
4.5cmくらいで前の子より大きいです。
届いた翌日に白点になりましたが、低比重+グリーンFゴールド+水飼え法で治療。
見事病気は治りましたが、少し色があせてしまいました。
買う際に「餌は食べてますが、少し痩せてますよ」と言われていたのですが、届いたのを見てみると本当に背肉が全然ありません。
トリタン生活2週間の間も食が細く、背肉は戻ってません。
ですが、本水槽に入れた後はものすごい食欲になりました。
長生きしてほしいものです。

と、この子がまだトリタン生活を送っているときに、見てはいけないものを。。。
またクリックしてしまいました・・・。
♂のポッターズです。

13.jpg


♂は青の部分が多く、オレンジの部分も非常に鮮やかです。
サイズも家の♀より5mmくらい大きいだけで、「ポッターズは性格が穏やかなので、2匹飼えるのでは」とついついクリックしてしまいました・・・。

で、この子はとにかくトリタンの中で落ち着きが無く、暴れまわって餌を食べない・・・。
今までの♀の2匹はおとなしく、直ぐに餌を食べたのですけど??
餌を食べる気配が無く、このままではあまりよくないと思い、白点が体内には無いとわかる3日待って本水槽に投入してしまいました。
で、ペアリングは成功したかと言うと、、そんなはず無いですね(笑)
♂が♀にちょっかいかけてます。
それほど激しくないので混泳には成功したといっていいのではないでしょうか?
♂はいまだに餌を食べてくれません。
この子は太ってますので、数週間ぐらいは大丈夫だと思うし、ポッターズは餌食いは心配しなくていい種類だとは思っていますが。。
とにかく長生きしてほしいです。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/25(火) 21:54:55|
  2. 海水魚(ヤッコ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚再開に向けて(トリートメント方法)

お魚たちの全滅により、水槽は魚0の状態。
全滅した後に魚を入れるのは危険すぎだし、どうすればいいかわからない。
現在の90cn水槽を立ち上げてそれほど時間が経っているわけでもなく、リセットするほどではないし。
サンゴもそれなりにいますしね。

そこで、行きつけの魚屋さんに相談してみました。
「できれば、淡水を入れて1週間ほど回せればいいけど、できないんだったら魚を全て取り出して、1~2週間から回しするしかない」とのこと。
それでも絶対ではないとも。
ネットでも一応色々と調べてみましたが、白点虫は、

魚に寄生(3日)

シスト(ほとんどが6日前後で孵化)

幼虫?(寄生できなければ6時間ほどで死滅)

ということですので、安全を見て2週間ほど魚を入れなければ、無害化する?
ウーディニウムについてはまったく調べが付きませんでした。
ほとんどが白点と同じ扱いです。
サイクルも一緒なのでしょうか??

次に、今までと同じようなことをすれば、また同じことが起こってしまうかもしれません。
水槽に病気を持ち込まない対策を立てようと思いました。

病気で一番リスクの高いのは、やはり新たに魚を入れるときだと思います。
私の行きつけの魚屋さんは、非常に魚は健康で安心でき、基本的にここで買うことにしています。
店の水槽は全てまっ黄で、初めて行った時には度肝をぬかれましたが(笑)、ここで買った魚が病気になったことはありません(導入後直ぐと言う意味で)
絶対ではないでしょうが、安心して最近はもっぱらここで魚を買ってます。
でも、ほしい魚やサイズのものが他にいるとついつい別の店で買ってしまいます。
これがまた結構な確立で、水槽に入れた翌日に白点が出たりします・・・。

基本的に水槽に入れてしまった後に病気になってしまっては治療したくても直ぐに捕獲は難しいです。
そこで、2週間ほどかけて検疫を済ませてからではないと、水槽に入れないというように決めました。
家に30cm水槽が2つと20リッター近く入るアクリルのケースがありますので、それを使うことにします。
濾過槽は無いので、2日に1度の水換えで対応します。
トリートメントの方法は海水館さんのHPを参考に、低比重+グリーンFゴールド。
餌付けもできるので一石二鳥です。
で、実行している姿がこれ(笑)

と、やってみたのですが全てこの方法がいいとは限らないような気がします。
まずは、弱い薬といわれるグリーンFゴールドでも色落ちする魚がいます。
私の大好きなポッターズです。
青の部分がくすみます。
薬を入れた翌日にはくすんでますので、多分薬の影響かと?
色が戻るかは今のところわかりません。

次に落ち着きの無い魚。
これは15リッター位入る水槽なので、ストレスにはならないかと思いきや、ずっとせわしなく泳ぎ回り餌を食べることはありません。
こういった魚たちは、白点虫が付いていないとわかった時点で(3日待つ)、本水槽に入れた方がいいような気がします。
このような状態で、長くトリタンに置いても食べるものが無く体力がなくなるだけのような気がします。
トリタンには濾過槽が無いため、2日に一度水換えをすることも、「人になれない」「落ち着きが無い」の要因のような気がします。

と、まだまだ試行錯誤です。
好きな魚を入れて、皆元気だったら、魚を追加することは無いわけで、そうなることを願っていますが・・・。
しかし、ここまでやらなくても、皆さんうまく長期飼育されているので、非常に不思議です。

  1. 2007/09/25(火) 21:42:58|
  2. 海水魚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

f348s16

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。