はまってしまった海水の世界

初心者が始めた海水の世界

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新水槽への道のり3

作業は金曜の夜から開始。
土曜日もくそ暑かったこともあり、クーラー付けっぱなしで、オリンピック見ながら1日中作業してました(^^)
ということで、なんとか水を回すところまで漕ぎつけました。

水槽にRO水は少しずつ貯めていて、作業を始める際にはほぼ2/3ほどたまった状態。
そこに人工海水の元を投入。
そして、ケントロ水槽の水換えをした際の排水を、種水?として60リッターほど入れました。
その後、作成したアクリル剣山を敷いて底砂投入。
最後にバクテリアつきの底砂を投入。

ここで問題発生(-_-)
底砂にはアラゴサンド約18kgを2袋。
そして、バクテリア付のもの約4.5kgを2袋用意していました。
足りなかったら嫌なので、少し多めに買ったつもりではありましたが。。。
結果、めちゃくちゃ余りました(-_-)
底砂は重量ではなくて質量で書いて欲しい。。。
18kgのやつは1袋で十分でした。。。

そして、、、底砂は8cmにするため、アクリル剣山はそれように作ってましたが、見事に埋もれました(-_-)
アラゴサンド投入後、水は見事に視界10cm程度(^^)
「これぐらいだろ」と入れた後に、バクテリア付のアラゴサンドを入れたら、見事にOverでした。

しかも、バクテリア付のアラゴサンドってこれで正常なの???
めちゃくちゃあくのような物が出て、えらいことになりました(-_-)
本当にこれが正常???

249.jpg

猛烈に濁っていて、1日経ってもほとんど濁りが取れません。
そこで、トリタンにずっと入れていた、櫨材をサンプにほおりこみました。
さらに、これまたトリタンで回し続けていた、外部フィルターを接続。
そのせいもあってか、2日後には大分濁りは取れました。

251.jpg

ある程度にごりが取れてきた段階で買ってあったライブロックを投入。
締めとして、コバルトを10匹と、見事に巨大化して可愛くなくなったヒレナガスズメを投入しました。
コバルトは立ち上げ終わったら、ヒレナガと共に引き取ってもらう約束をして、連れて帰りました。。

250.jpg

でもですね、、、海水魚の王様はヤッコとチョウ。
でも、もう一方で青く輝くスズメを沢山泳がせるのも「The 海水魚」といった感じで、すごくいいものです。
海水魚を再開したとき、実を言いますと、お金をかけるつもりは全く無かったので、この感じを目指してました(^^)
スズメ達がお役ごめんとなったとき、少し寂しいかもしれません(^^)

後は本格的に移動するまでに、殺菌灯やクーラーを付けるための、細かい配管をして完成です。

スポンサーサイト
  1. 2008/08/10(日) 22:26:11|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

新水槽への道のり2

少し頭を悩ませたのが、ウールボックスの有無と底砂の厚さ。
ベルリンって出来るだけ生物濾過をさせない方がいいため、ウールボックスすら必要ない?
そもそも購入したサンプについていたウールボックスをつけると、水槽台の高さ一杯になっちゃいます(笑)
ギリギリとも言いますが、つけてしまうと著しくメンテナンス性が悪くなります。
もう少し高さの低いサンプにするべきだったと、後悔している次第です。

で、その関係もあり、取りあえずはウールボックスなしにしてみようと思います。
以前ショップで、配水管の先に布の袋をくくりつけていたのを見たことがあるので、それによって大きな不純物を濾過するといった方法もありかもしれません。
もしかしたら、排水の音が五月蝿すぎてそうするかも(^^)

それと底砂の厚み。
一体どれくらいにすればいいんだろう??
ネットで調べてみたところ、あまり厚くひきすぎるとPHが下がる??
でも、1/4位分厚く底砂を敷いている写真を見たことあるんですけど(^^)
ですが、今回は100%アラゴサンドを使うので、無意味に敷きすぎると、お金がかかってしょうがない(-_-)
という事で、7cmにして見ることにしました。
この厚みが決まらないと、アクリル剣山が作れませんので(^^)

で、この底砂の厚みを調べているときに「ベルリン水槽の立ち上げ方」って、いくつか見かけたんですけど、最初からスキマーを取り付けるとあります。
「ベルリンなんだからそれはそうだろ」という気もするんですが、最初にある程度の濾過バクテリアを育てなければならないわけですから、別に最初に無くてもいいよね(-_-)
スキマーがない方が立ち上がりは早くなるよね。
と言うか必要以上にバクテリアが繁殖してしまうと問題??
完成までにまだまだ時間かかりそうですから。。。

「それとベルリン水槽が安定するまでに半年から一年」と言うのをいくつか見ました。
ベルリンは普通のウェットより立ち上がりが遅いと言うことは無いですよね??
2ヶ月くらい(常温で25度以下になる時期くらい)はスズメOnlyで、熟成?させるつもりですが大丈夫かな??
心配は尽きません(^^)

後、問題があるとすればライブロック。
立ち上げの補助として、ある程度は新たに買わなければならないでしょうけど、基本的には今のケントロ水槽のものを移行したい。
よってあまり沢山買うつもりは無いのですけど、やはり立ち上がり方に問題が出てきちゃうでしょうか??
それなりには買わなきゃならないかな~。。。(既に少々買ってしまいましたが。。)
ん~金かかるは(-_-)

水道水ではなくRO水を使うので、少し水を張りました。
アクリル剣山は少し作りましたが、材料不足です・・・。
仕事帰りに何とか材料を調達して、今週末には水を回せそうな感じです。

  1. 2008/08/04(月) 21:36:04|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新水槽への道のり1

先週末1.5ヶ月ぶりくらいに週末2日休めましたので、作業を進めました。
まずは、水槽台の下に敷く、板(合板コンパネ)をホームセンターまで買いにいきました。
我が家には車は2台ありますが、どちらも大きな荷物は積めませんので、無料で車を貸してくれるホームセンターまで(^^)

買って来たコンパネは1800×900と馬鹿でかいものでしたので、余計なところをのこぎりでカット。
ただ、面倒になって横方向のカットしかしませんでした。
それに、魚水槽も移動をするので2枚。
この暑い中なので、それだけで体力を使い果たしました(^^)

てんでやる気がしないのですが(^^)、何とか鞭打って水槽台を組み立てました。
水槽台のニス塗装は平日仕事から帰ったら、塗っていましたので組み立てるだけ。
そこに水槽台とサンプと水槽を仮置き。

あとは配管用の塩ビ管の足りないものを調達してちょっとだけ組み立てました。
この時点で、やる気まで失いました(^^)
残る作業は、残りの配管と、コーナーボックスの加工。
今のままだと底砂がコーナーボックス内に大量に進入してきてしまいます(-_-)
それにアクリル剣山の作成とまだまだですね。。。

今度の水槽は、高さが50cmと前のより5cm高い上に、今の水槽のように上下に帯がついていませんので、水槽が大きく見えます。
何とか今週末には水を回したのですが、難しいか。。
早く水を回して、せっせとバクテリアを繁殖さたいのですけど(^^)

244.jpg
  1. 2008/07/30(水) 21:54:32|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

新水槽への準備

ほぼものは買い揃えました。
買い揃えただけです。。。。
休みは出ずっぱりで、午前様連発状態で、荷物をなかなか受け取れない状態でした。
月間労働300Hペース(@_@)。。。。。。
ありえん。。。。

やっと全てを受け取りました。
これで、水槽、サンプ、水槽台、循環ポンプ、スキマー用ポンプと全てが揃いました。
結構グズグズと注文できなかったのが水槽台とサンプ。
なかなかサイズを決めかねてました。

まずはサンプ。
ベルリンにする予定でしたので、あまり大きくする必要は無かったのですが、水槽台は大きめにする予定でしたので、大きいサイズを入れようと思えば入れられます。
それでずっとやりたいと思っていた、リフジウム水槽をサンプに沈めてみようかと思い出し。。。
結局600×390×300というかなり大きめにしちゃいました。
実際はもっと小さくても、あまり値段が変わらなかったというのもあります(^^)
循環ポンプ用とスキマーポンプ用のソケットを無料でつけてくれました。

水槽台に関しては幅と奥行きは1200×60と決めてました。
問題は高さ。
「スキマーを水槽台に入れる入れない」「サンプに付属しているウールボックスを使用するしない」「無用に高くしたくない」等で悩みましたが、結局スキマーは中に入れられないということで700にしました。
もう少し低い方がよかったかも??
本当はスキマーを水槽台に押し込んで、あまっている30cm幅に孫タンクでも設置してチビコビーでも飼おうと思ったのですが断念です。

水槽台は「1200の台に900水槽を置く」と言ったら、無料で補強してくれました。
なかなか頑丈そうで良さそうです!
ただ、無垢の状態ですので塗装しないといけません。
まだ組み立ててもいないし。。。

早く水を回したいので、セットしたいところですが。。。
今週末は休めそうですけど、水回すまでは無理かな。。。
それにスキマー。
はっきり言って、全くやる気なしです。。
ベケットヘッドのケースの入り口出口の口径がインチサイズで、塩ビ管が全く使えずかなりやる気をそいでます。
失敗しました。。。
ケースは自作すればよかった。。。

  1. 2008/07/24(木) 21:30:06|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

買い物だけは着々と

忙しくて休日にも出勤している状態なので、全く進展しておりません・・・。
ただし、憂さ晴らしの一環として(^^)、新水槽立ち上げのための物品は着々と購入しております。
で、こんなの買っちゃいました。
写真はベケットヘッドハウジングとポンプ。
結局、スキマー用のポンプ買っちゃいました。。。

233.jpg


本当は現在ベルリン90に使っている、RSD-40Aを使おうと思ったんです。
で、RSD-40Aの流量が40リッター/min。
今作ろうとしているスキマーはバレット2とバレット3の中間あたりを狙ってます。
狙っているといってもサイズ(Capa.)的に狙っているだけで、性能が出るかどうかはわかりませんが(^^)
ということで、心臓部も同じベケットヘッドです。
そのバレット2の推奨ポンプはというとPMD-641B。
その流量は62リッター/min(-_-)
RSD-40Aでは全然流量たらんです。。。

という事で、結局PMD-641Bを買っちゃいました。
中古でですけど。。
ベルリン90+RSD-40Aは何ちゃってスキマーを、取っ払って魚水槽で使うとします。

そしてベケットヘッドハウジング。
初めはベケットヘッド単体で購入して作ろうと思いましたが、面倒なのでハウジングごと買っちゃいました。
問題はこの製品USA製のようで、入りと出の径のサイズがインチサイズだったような??
ポンプ間を塩ビ管で作らなければなりませんが、ここで苦労しないかな??
まだ、合わせのTESTさえしてません(^^)

仕事が落ち着く見通しが立っていないのが痛いところ・・・。
いつ出来るんだろう(-_-)
スキマーやらリアクターやらは完成が多少は遅れてもいいわけですが、新しい水槽への移行には、万全を期したいので2~3ヶ月くらい水を回したいところ。
できるだけ早く水は回したいわけです。
ということで、アラゴサンドバクテリア付9kg×2とバクテリアなし18kgを購入。
凄く安かったので買っときました。

ただ、水槽台とサンプを買わないと水回せないんですけど(-_-)
早く買わなくちゃ・・・。

  1. 2008/06/29(日) 22:23:12|
  2. 設備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

f348s16

Author:f348s16
ヘナチョコ初心者の奮闘記です。

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

飼育日数(180x60x60)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。